エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

こんなところで~御福餅と赤福

先月、御福餅のネタを取り上げたのですが、まさかこんなこんなことに
なるとは(苦笑)
実際、赤福の替わりに買って行く人も見られるそうですが、販売量も違い
ますし、身の丈以上の販売もしんどいかも知れません。

赤福は大阪・京都でも、なんぼでも買えて山積みされてました。生ものだと考えると
売れ残りも十分出てくるし、再利用と勘ぐられてもおかしくない状態だったのでは
(ちなみに御福餅は保存料の使用が明記されています。関西にも赤福の工場が
あるんで、ちゃんとやれば作りたてが可能とも言えますが)

圧倒的なブランドがあったがゆえのケース(北海道の白い恋人、然り)
個人的には今まで大丈夫だったのに、ちょっとの賞味期限でやいやい言わんでも!
との思いもありますが(コンビニで処分する弁当とか、飢えに苦しむ国から見たら
どう思うだろう)
でも、今の時代ではしょうがないんでしょうか。「作りたてを販売する」方法は実際、
システムを構築し開示して実践しているところもありますし、そういう所が残っていく
んでしょうね。
[PR]
by enokama | 2007-10-20 04:15 | 総合 | Comments(0)