エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

今年の競馬

このブログを始めたときには、よく競馬ネタ中心でブログをしている人たちみたいに予想とかもやってみようかなとも思ってたけど、あまりにも不調で(これだったら1泊でいいとこ泊まって旅行できる・・・)
最近はほんと週休2日のペースなんで、やはり少しでも新聞見たら買ってしまうが、1日5000円ずつの負けだったらわずかって感じもするけれど、月にしたら相当なもんになってしまう。
自分自身は追っかけ馬をずっと買うか、お気に入りの飯田騎手・本田騎手・大西騎手のお手馬を把握して押さえるというのが中心での買い方で、いずれもが不調だから流れが悪くなってしまう(キーンランドスワン・カネトシディザイアを追っかけにしてたら負け組かな。メジロマイヤーもアドマイヤムーンもタマモホットプレイも鞍乗が前のままだったら・・・)

今日はアドマイヤムーンが武豊騎乗で勝った。前走はあまりの弱面で早く先頭に立ってしまってソラを使ってもたれてしまい、徹底マークの馬に負けてしまった(テンションも高かったが)今回はびしびし乗ってたし、フサイチも余裕残しで昨年のレコードの時の調子にはなかったのだろう。武騎手も前回でムーンの弱点を見てるんで今回は予定どうりだったと思う(冷静に考えてたら馬券は楽勝だったのに・・・)
今回の乗り替わりはいろいろ言われているが、前走でまだやんちゃな面を見せたこの馬で武騎手がどう乗りこなすか(1回武が乗ったら、その次は違う騎手が乗っても乗り味が変わってるということもよく聞く)また本田騎手が関東コースの実績がほとんどない。また武騎手のクラシックのお手馬の不在もある。

前走までの本田騎手での非は馬の完成度からいってもなかったと思う。何より今回の件で僕が見た限りでも「乗り替わりで期待」というコメントや記事はいっさいなかったし、武騎手のコメントも静かな闘志って感じで控えめだった。
今後は本田騎手が乗れるかどうかわからないけど、本田さん自身が地味な感じなんで一般の人には大丈夫かなって思う人(武騎手か外国人か地方騎手を乗せろというような)も多いだろうけど、2000年以降の重賞勝ちの数や45歳になっての自己年間最多勝利の更新なんかは、騎乗馬の質から言っても一流に近いレベルだと僕は思ってるし、よくこんな馬で重賞を勝つのって時があるけど普段より力のある馬の時が多いんで、本人には実はたやすいことかもしれない。
今日は本田さんは京都でお世辞にも走りそうもない馬で、なんとか必死になって掲示板に乗せたりしていた。今年はチャンスだと思ってたのに・・・報われてほしいなと思っている。

昔は平馬のオープンがあって、あのシンザンでも減量のあんちゃんが乗ったりして「若手を名馬に乗せて育てる」傾向もあった。ほんとに力のある馬だったら鞍乗の多少の変化は影響ないだろう。最後に図ったように差しきったりした時に鞍乗の好騎乗と言われても、馬にそれに対応できる力がないとできないこと。10年前も今とあまり変わらない騎手たちでG1をしてたが、10年後は必ず変わるはず。ほんと次の世代にも出てきてほしい!
  
[PR]
by enokama | 2006-02-05 22:43 | 競馬 | Comments(0)