エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

皐月賞の結果

混戦と言われたレースも、想像をはるかに超えた大波乱に。
まったく馬券もかすらなかっただけに、久しぶりのG1勝利でうれしそうに
インタビューを受ける田中勝春騎手。もうぼちぼち中堅に差し掛かる年齢
になって実力をつけてきて、今回十分にアピールした松岡君(惜しかったね)
さわやかな印象でした。
3着・4着は予想通りと言うか(苦笑) なんでこのペースだし、力あるんだし
普通に走れば前に付けられるし、勝ち負けだろうに。
まあ、1番人気が皐月賞で飛ぶ典型的なパターンとも言えます
 
「JRAの至宝」にはマスコミもなにも文句は言えません。
いい馬に乗ってるだけで良く見えるだけ。とりたてて、うまいって騎乗はあまり
最近見ない。宮記念でも、ドバイでもちょっと先行しただけで好騎乗っていい
よる。そんな乗り方できるってわかってたら、もっと前から乗れよ・・・
まあ、過去の予想見てもらったらわかるんですが、僕はほとんど
馬券の対象にはしてませんけどね。

今回はレースにしまりがないって言うか、自分自身では外国人騎手って
あんまり来すぎてもいやなんですが、思いっきりさって言うのは買えると思い
ます(ハイペースで逃げるタップに、差しきったゼンノロブロイの有馬記念の様に。
ノーリーズン然り)
今日乗ってた騎手連中はただ、あとで批判されないように無難(折り合いとか
言い訳して)に乗ってるだけに見えます。

予想は展開の読みがまったくダメでした。
ナムラマースの藤岡君「使いずめの影響か・・・」いまさらそんなこと言ってもな。
素質は1流なのに。厩舎が重賞慣れしてない影響もあったでしょうか。
本命のローレルゲレイロ。最後はそこそこ伸びてるんですよ。そこそこ伸びて
先行力もあるから、位置取りがせめてメイショウやアサクサのあたりで、十分折り
合いも付いたはずだし。
なかなか藤田騎手のコメントが拾えなかったんですが(よくあることですが) 
週刊ブックで少しありました「いい位置で行けて、初めての2000でよく走っている」
これぐらいだったらすんなりコメント載せてよ。
ほんとは「自分の騎乗がまずかった」とか?まあ、そうまともに言う人はめったに
いない訳ですが。
[PR]
by enokama | 2007-04-17 00:05 | 競馬 | Comments(0)