エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

桜の琵琶湖疎水~山科

明治維新を迎え、遷都が行われて(正式な発表はされてないらしいが)
京都の賑わいはすっかりさびしくなりました・・・

そこで産業を活発にし、往時の活気を取り戻すべく江戸期より構想のあった
琵琶湖の水をトンネルで京都市内に直接引く、琵琶湖疎水の建設が始まりました。
疎水は水源の確保にとどまらず、水運の交通路として、また発電所の建設も行われ
日本で始めての市街電車の運行へとつながりました。

疎水沿いには桜が植えられて名所となってます。
これからの季節、ゆったり散策もいいもんです・・・
上流から写真で紹介して行きます!


琵琶湖の三井寺付近から取り入れられた水は長等山をくぐりこちらに出てきます。
(第一トンネル西口)
f0010195_2356038.jpg






f0010195_23564134.jpg


f0010195_23565819.jpg

山科毘沙門天入り口附近
f0010195_23572773.jpg

第二トンネル西口
f0010195_23592451.jpg

日本初の鉄筋コンクリート製アーチ橋(明治37年・山ノ谷橋)
f0010195_00251.jpg

第三トンネル東口
f0010195_031668.jpg

トンネルを抜けると蹴上に出ます

(琵琶湖疏水関連記事・地名クリックで画像が出ます)
三井寺三井寺(12月)山科蹴上哲学の道疏水分水
[PR]
by enokama | 2007-03-20 23:53 | 私の好きな京都 | Comments(0)