エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

夜行スキーバスの事故について

大阪の中央環状線で、夜行スキーバスの事故が起こりました。
夜行の路線バスなんかに乗ったら案内もあるように、夜中に運行するバスは2人
乗務で2時間ごとぐらいに交代しながら、安全に運行することが義務付けられて
います。今回の場合は交代要員の乗務員が確保できなかったんでしょう。
それでも予定は入っているし、ワンマンだったら明らかに乗客に指摘されます。
でもバスの免許がなくても、もう一人乗員を乗せてれば交代要員だなって思われ
るでしょう。車内は消灯して寝てるし、同じ人が運転してても「2回交代した」って
思わせればOKなんです。実際、交代しながら行くのかなって思ってたら、1人で
ずっと運転してるってのもあって・・・怖いなと思ったこともあります。
だから「乗ってるだけでいいから」と言うことで身内の弟を乗せてたんでしょう。
「添乗員」って言ってても、やること人数確認しかありませんもん。

規制緩和ってことで、ほんとバスを持ったらすぐに営業できるようになりました。
もともと土建の重機とか持ってたとこから(公共事業の減少で)仕事がなくなって
バスに転向するようなケースも見られます。だから、家族経営や友人どうしでの
会社って感じになり、新規に参入するには安さで勝負となります。旅行会社も
バスが安くなるのは一発で経費に響いてくるので依頼します。
一方、老舗のバス会社でも価格競争に耐えられなくなったところは廃業に追い込
まれるところも出てきます。そしてそこでの出物が、そう言った新規参入の会社に
中古バスとして売られます。

旅行社が「バスをしっかり把握できなかったか?」って言うコメントも聞いたけど
ぱっと見は乗務員が2人いるし、わかりませんよ。それと依頼したところから、どう
しても台数がまかなえなくって、さらに他社に代車で振ることもあるし(なんか聞い
たこともないような小さいところがくることも)シーズンでのバスの確保に躍起となる
状態では難しいんじゃないでしょうか。

従来、名の通った系列のバス(電鉄系等)でも上記の理由で撤退するところも出て
ます。当然、それらの会社だったら組合もあって労働条件は守られて、無理は
できないでしょう(事故を起こして、イメージダウンする方が痛い)
参入しやすくするのはいいけど、ある程度の安全面での規定も重要でしょう。
これを機会にほんとうに今の状態でいいのか、再確認してほしいですね。
人命にかかってくることだし、国交省もこういう時こそしっかりした指導が必要です。
[PR]
by enokama | 2007-02-20 23:32 | 総合 | Comments(0)