エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

菊花賞の反省

今回は淀近くの友人宅に泊めてもらって、十分に各雑誌テレビ等検討・討論し
自信満々で現地に行ってきました。
先週同様8時半過ぎの到着でしたが、出足は先週と違いかなり早かったです。

2Rはルミナスハーバーが最初のレコード勝ち。上でも十分やれる強い内容。
僕の厚めに買っていた馬は、3着は十分だったのに直線で落馬・・・
(この巻き添えで上村騎手が落馬。有力馬が多かったので3勝損したなって話して
たんですが、それが現実に・・・)
5Rは連闘ヘイローフジに期待も、途中で下がる不利。最後は例によって伸びて
ただけに(4着。上位馬は全部買っていた・・・)
8R・カノヤザクラは評判どうりの勝ちっぷり。牝馬限定だったら十分、重賞行ける
でしょう(これもレコード。ファンタジーは確定か)
9Rは追い込み軸で前残り。10R逃げ軸で前つぶれ・・・(上村馬3勝目)

ど派手な2人の馬主
f0010195_2340389.jpg

菊花賞はいいレースだったと思います。勝った馬は、距離延長で甘さも補えたんで
しょう。回りの反応は勝った馬より、典がまた2着ってことの方が(なんか苦笑も)
最高に乗れたと思いますがね(先週の2着馬然り)
またレース終了後のレース回顧のイベントでの自虐的な典騎手のコメントが
なんとも(やたら冗舌だった・・・笑い取ってたけど。ちゃんと馬の力を出し切って
いいレースできたこともあるでしょう)
サムソンはしょうがないかな。でも、ドリパスとはほぼ五分の成績だし、また期待
したいもんです。

なかなか馬券的には苦労しました(安い単勝しか取れない) 馬場も無茶苦茶高速
になってるし。毎日、新聞に載ってる競馬予想会社の広告は絶対ないと改めて
思ったし、こんな日もあるのかなと・・・
[PR]
Commented by ji5isl at 2006-10-25 05:34
当方のブログにお越しいただき有難うございます。四国山脈をなかなか越えられないので、そちらの観光・歴史を興味深く見せていただきました。ただ中央競馬が苦手なので・・・。この辺も四国山脈が関連してるかもしれません(笑)。親戚が何頭か高知競馬に出してることがあり、結構身近な話題ではありますが。なお妹が1日で8レース近く取った記録があります。その日は馬と会話できたそうですが(大笑)。
Commented by enokama at 2006-10-27 23:16
どうも、ようこそいらしゃいました! 高知はどうしても坂本龍馬って感じで、空港も名が変わってしましたけど(あまりにも龍馬人気に頼りすぎの感も)ネットで検索してたら中岡慎太郎を評価してる人も結構いるようです(旧100円札と500円札の肖像ができてなかったと言っても過言じゃない) また高知へ行っていろいろ散策したいと思います。
>馬と会話できたそうですが 
うらやましい限りです。僕はまだまだです。そんな感覚に1度でいいからなってみたい(笑)!
Commented by ji5isl at 2006-10-28 19:33
こんにちは。おっしゃるとおりで、名前をつけるのに「龍馬」ばかりです。「頼る」と言うより付けるやつがおかしいんです。私はかなりうんざり。ちょっと恥ずかしい。どうせ付けるなら中岡慎太郎か岩崎弥太郎か・・・(笑)。経済は弥太郎にあやかって欲しい・・・。
Commented by enokama at 2006-10-30 23:08
あと、以前にもmikkyさんのHPに書いて、高知の人とも議論したことなんですが、幡多地方の中心地の中村市が全国的にも知られた小京都・中村の市名を捨てて「四万十市」と改称した件です。古来からの地名なのに、もったいないと思うし、他に「四万十町」(これも合併に伴う改称)もあって、おそらくインパクトあると思った改称かもしれませんが、逆に没個性になってしまったと思います。他に合併が相次いで「土佐市」と「土佐町」があったりして、いったいどのへんにあるのか、かえってわからなくなった例もありますし(なんか悪いことばかり言って、すいません) でも私も仕事柄、全国回るんですが「平成の大合併」って住民に関しては、よかったって言う人まずいないですよ。地方時代と(ちょっと死語かも)言っても、結局切り捨てにつながっているところも多いです。馴染んだ地名が消えるのも、文化の火を消して行ってるように思えるし。
by enokama | 2006-10-24 23:24 | 競馬 | Comments(4)