エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

この前の連休は一泊で会社の同僚と兵庫・ハチ北へスキーに行ってきた。
車で峠を一つ越えるごとに雪が深くなっていき、和田山あたり(今はなんとか市になってるらしい。名前は忘れた)では家族総出といった感じで家の雪降ろしをされている光景を見た。私の住んでいるところからわずか50キロ程度のところだが、雪国の大変さを見た。
結局道中の7割が雪上のドライブとなり、普段の倍ぐらい時間がかかってしまった。
宿はゲレンデの中央にあるんで、キャタピラーの付いた雪上車が駐車場までお出迎え、ゲレンデの人たちの注目を浴びつつ力強く進む!なかなかいい経験をした。

早速、中央で足慣らしをしてから有名な北壁へ。しかしながら頂上から滑り降りるコースが雪崩の危険がある(皮肉なものだ。新聞の大部分滑走可と言う意味がやっとわかった)ということで左半分が閉鎖されていて、残った迂回コースが大混雑。しばらく後になって吹雪が強いので上部のリフトも停止!と広いバリエーションを持つこのコースなのに、なんかもったいない気がした。しかしほんとに雪はパウダースノーで最高!自分がうまくなったような気分になれる(笑)
2月いっぱいぐらいまでは信州に行かずとも、いい雪ですべれるんじゃないだろうか?

宿ではトランプしたり、焼酎をちびちびやって過ごす。そうそう新しい大河の「山内一豊の妻」をやっていた。去年の「義経」に続いて正統派の脚本・・・それ以前の3年ほどはとても見る感じにならなかったけど、今度もよさそう。キャストにも好感もてる(舘ひろしは・・・?)
そのあとは「風林火山」を北大路欣也主演で2時間やっていた。これもまずまずよかった・・   
年末年始は時代劇が多いのでうれしいが、やはりレギュラーものが昔ぐらいあればと思う。予算がかかるからだろうけど、今はくだらないバラエティが多すぎると思う。
去年末の「河合継之助」ももう少しお金かけたらいいのにと思った・・・

2日目はうって変わって快晴。今日はリフト待ちも少なくかなり滑れて、休憩で飲むビールもうまい!けど足にも少し来る。やはり閉鎖されたコースが滑れないのはちと悔しい!

帰りはまた雪上車で。車は渋滞もなくスムーズに帰れた!
また行きたいと思う。
[PR]
by enokama | 2006-01-12 23:17 | 総合 | Comments(0)