エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

神戸北野周辺の史跡

今年に入って「開港150年」のイベントもあって、神戸に度々訪れています。
四月に行ったところですが、大阪龍馬会の長谷さんに案内していただいた場所の紹介です(実際はもっと多くの場所に行ってます)

熊内八幡神社
f0010195_17044379.jpg
新神戸駅から東、山手へ歩いた場所で新幹線を跨線橋で超えてしばらくの場所にある。
幕末に中西誉左衛門と言う勤王家がこの地にいて、松林飯山・松本奎堂と言った志士たちの出入りがあった。

中西誉左衛門の娘・為子の歌碑。兵庫県初代知事の伊藤博文も為子に学んだと言う
f0010195_17050123.jpg

奎堂を偲ぶ句碑もある
f0010195_17052046.jpg

海が見える
f0010195_17034402.jpg




ジャーディン・マセソン商会の門柱
f0010195_18300519.jpg
かつて今の神戸市博物館の向かい付近にある居留地83番の場所にあったものが移築された。商会は幕末から日本で貿易事業を展開した
f0010195_18544419.jpg

異人館街へ。ハンター邸の門跡と外壁群
f0010195_17071952.jpg
f0010195_17080416.jpg
f0010195_17073321.jpg

異人館群
f0010195_18333644.jpg
f0010195_18340745.jpg
久しぶりに行ったけど、まだたくさん残っているんだなと改めて思った。
震災の前ならなおさら昔のものが残っていたのかもしれない。。。



[PR]
by enokama | 2017-09-14 22:59 | 歴史連載 | Comments(0)