エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

小倉山二尊院

少し前の画像ですが嵐山の二尊院に行ってきました。

近くにある土佐四天王像
f0010195_14343359.jpg

二尊院
f0010195_14345567.jpg
f0010195_14350526.jpg
f0010195_14351505.jpg
f0010195_14375069.jpg
二尊院は元来から御所の仏事を司っていたこともあって、公家との交流が盛んで、今でも二条家、鷹司家、三条家、三条西家、四条家と言った菩提寺になっており
パンフレットにも紹介されております(案内図の精度はちょっと低いですが)。
以下はお墓(幕末の公家が多い)の写真になりますので隠します。。。




いわゆる「七卿」の一人。壬生基修
f0010195_14392168.jpg

鷹司政通
f0010195_08552831.jpg
文政期から安政三年まで二十年以上にわたり関白を務めた(後任関白は九条尚忠)のちに太閤。
安政期の「開国論」の高まりには容認の動きを見せたが、若手公卿らの反発も強く「攘夷論」に傾く。

輔政
f0010195_08554318.jpg
政通の子・輔煕(文久三年に関白となる)の実子だが、十九歳で早逝した。のち鷹司家は九条尚忠から養子を取り後嗣とする。
輔煕は長州系の攘夷派とつながりがあったが(関白退任後)禁門の変での久坂玄瑞らからの鷹司邸での嘆願のやりとりは有名で、その後は謹慎となった。

輔平
f0010195_10220854.jpg
政通の二代前でこちらも関白となった。

二条斉敬
f0010195_08551465.jpg
二条も慶応期に関白となり、孝明天皇ー朝彦親王ー徳川慶喜ー一会桑の「親幕派」一翼を担った。

後嗣の基弘(養子でこちらも九条尚忠の実子)
f0010195_10182746.jpg

角倉了以
f0010195_09000368.jpg

伊藤仁斎

有名どころでは阪妻や息子の田村高廣の墓所もこちらにあります。

[PR]
by enokama | 2017-07-05 14:40 | 私の好きな京都 | Comments(0)