エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

韮山反射炉と世界遺産(明治日本の産業革命遺産)

欧州での産業革命は高炉が発達し、鉄の大量生産が始まったことも大きい。
技術の進歩で製造コストが安く、従来の青銅製の大砲と比べて強度も遜色がなくなり、大型化も可能な鉄製の大砲が広まっていった。
その鉄製大砲を鋳造し、生産する目的で日本でも製鉄の近代化を図って高炉が各地に建設され、炉内で発生させた熱をその天井で反射させ高温を実現し、鉄の熔解を可能とするその方式から「反射炉」と呼ばれた。

嘉永三年(1850)に佐賀藩(→こちら)が反射炉建造に着手し、大砲鋳造所も設け長崎警備の台場に据え付ける大砲を制作し、青銅製から鉄製に移行させていた(のちに幕府向け大砲も制作)。
五年には薩摩藩、六年には下田(韮山に移転)、安政二年(1855)に水戸藩が着手し、四年には水戸藩の事業に携わった南部藩の大島高任が那珂湊反射炉に供給する鉄鉱石を製錬する高炉を釜石に建設した。未稼働に終わったがにも反射炉が現存している。
以上に上げた施設にピンときた人も多いでしょうが、そのほとんどが世界遺産(明治日本の産業革命遺産)に登録されたものであるので、選考の基準にもなったものと思われます(なぜ萩が入って、那珂湊が外れたのかは疑問だが)。

佐賀藩が初の反射炉建造を果たしたが藩主の鍋島閑叟が直に江川英龍に面会して、藩士の本島藤太夫が英龍の直弟子となって学びその中心人物となり、英龍の召し抱えた技術者たちが支援した経緯もあって、自身でも反射炉建造を願い、品川台場築造の命が下りその台場に据え付ける大砲製作の必要性もあって、安政元年(1854)ようやく許可が出た。
当初は天城山の土を使った耐火煉瓦を使用し下田に建造していたが、日米和親条約締結後にペリー艦隊が下田に入港し、この際に上陸した米兵がこの工事を目撃してしまったこともあって、機密保持の観点から基礎工事まで済んでいた場所から韮山へと移転が決まった。
安政元年十一月の大地震で工事も影響を受け、翌二年一月に英龍は完成を見ずして死去。その計画は長男の英敏に引き継がれ、風水害も相次ぎ難航したが、佐賀藩からの技師派遣による協力も得て、安政四年七月にようやく連双二基四連による稼働を果たした。
周辺部には大砲製作に関連する建屋がいくつも作られた。
現在では反射炉のみ残され、炉周辺部は鉄骨での補強により外観が変わるも、当時実際に稼働したもので唯一現存する貴重な史跡となっている。

こちらはあまり観光客もいなくってゆっくりできた江川家住宅に対して駐車場も広く、マイカーや大型バスも多くってにぎわっておりました。
2016年3月に訪れたんですが「世界遺産決定」の効果も大きかったようで
以前は知らないけど、土産屋も大きく周辺も公園として整備がされておりました。
f0010195_11495284.jpg




外観だけだと外側から十分見える
f0010195_12031024.jpg

入場料は100円(今は300円に値上げ)で柵の中に入れます
f0010195_12025344.jpg
ここまで接近できる
f0010195_11503273.jpg
正直、入っても10分もあれば出る人も多いようでした。ボランティアガイドの人がいっぱいいたので説明はしっかりと聞けます。

顕彰碑が二つ

f0010195_12023538.jpg
f0010195_12022427.jpg

貴重な史跡だし見に行けたのはよかったけど、なんか単なる観光地化されただけな感じもして残念だった。
バスツアーのおばちゃんたちが江川英龍の人物を知って、この反射炉の意味がわかってるとは思えないし。。。
土産物だけだったらいっぱいあったけど。
江川家住宅でも「反射炉だけ見てもわからなかった。ここへきて韮山まできた意味があった」っていう人も多いそうです。
ツアーだったら、反射炉と土産もしくは食事だけって感じも多いようだし。
本来なら僕らぐらいの「歴史かじって興味持った」って人がある程度の予備知識も持って行く「知る人ぞ知る」って場所だったんだろうと思います。

「世界遺産」もこの基準だったら、萩だと反射炉だけになるんじゃない。逆に萩に合わすなら江川英龍のゆかりの韮山の他の場所も一緒に措定しないと、こんな感じになってしまう。反射炉だけだったら正直リピーターも来ないし(ネットの口コミでもそうだし)一回こっきりになるのが十分に見える。
実際に「世界遺産」になった時だけ観光客が殺到して、以後さっぱりってとこもいくつもありますしね。
最近の某大臣の発言で「観光マインド」の言葉が問題になったけど、内容が伴わないと観光地化できたとしても一過性だけで終わってしまう。
この反射炉ではそんな印象も持ってしまいました・・・
他のこの時期に一緒に登録を受けた場所もどうなってるんでしょうね。三重津もかなりがんばってるけど一般の人から見たら「何もない」場所だし、釜石もどうなんでしょうね。
まあ登録を受けた時は某国のいらん介入があったせいで注目も集まってしまったけんだけど、そこまでしてする必要もあったのかなと疑問も感じるところであります。
時の政治家や地域の実力者の自己満足だけで終わらせないためにも、各地域とも今後の工夫も必要かと思います。

[PR]
by enokama | 2017-04-22 14:42 | 歴史連載 | Comments(0)