エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

人材を大事にしないとサービスは成り立たない

また旅行社がつぶれて問題になってるけど、通常の交通費や宿泊代を計算してみてあまりにも代金が低い時は疑って知るべしだと思う。
ましてその代金の安さで一番手を付けるのは人件費の圧縮しかないから、裏でぎりぎりで受けている業者があってのことを認識すべし。安けりゃすぐに人材はいなくなるし、入れ替わりが激しくなるから「プロ」は育たない。利用客はまっとうな妥当な代金を払って、業者も社員に十分な報酬を払えることができれば「安全で確実、快適なサービス」は保証できると思う。
今は売り手市場だし、今までの値段では卸せないはずなので業者も値上げを求めるところで、従来通りの条件で求めてくるこの旅行社との取引も停止する。
別の業者に切り替えたら、まずコストに跳ね返ってくるところで、普通に代金を上げたらいいところだろうけど競争もあって「値段据え置き」でここまで追い込まれていった・・・ってこともあるかも。
そう言った背景も一考して、このあたりを一人でも認識を改めて行くことで少しでもデフレも解消するし、こう言った問題もなくなるのではないか。




結局は「お客様云々」っていうよりも、自社の従業員を大事にし十分な仕事・サービスを行える環境を作る方を最優先することが、その企業の存続につながるような気がします。
「ここはいい会社です」って言う社員がたくさんいる会社から買う方がいいですやん。
アスクルで例の火事で焼けた倉庫のことで大変みたい
ここも利用する者にはとっても便利だけど、その背景でクロネコのような無理も絶対あると思うんやね。
ジャパネットなんかでも「すぐ発送します」っていうけど、運送業者の方も大変やと思う。
サービスを細かくしずぎたことで、ちょっとした遅れやミスでもクレームも出がちかもしれないけど、もうちょっと利用者も寛容になって過度なサービス競争ってのも慎む方向にあってもいいんじゃないか。
そうしないとサービスそのものが成り立たなくなるからね。


[PR]
by enokama | 2017-03-28 22:24 | 総合 | Comments(0)