エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

清水港~次郎長の史跡

ちょうど駅から西が宿場町で一通り回ったあと、清見寺の近くでバスに乗り(1時間に1本で本数が思ったより少ない)清水港方面へ行きます。
f0010195_18125994.jpg




一旦、清水駅前でバスを乗り換え港橋まで向かいます。
かつては清水港の中心地で、路面電車もこちらまで走っておりました。


そのたもとに「末廣」(地図赤印)があります。
f0010195_03521235.jpg
かつて清水次郎長が営んでいた船宿で、のちに移築されて残っていた建物の部材を使って復元されたもの。


巴川の川沿いを下がると「壮士墓」(青印) 墓碑銘は山岡鉄舟による。
f0010195_04183176.jpg
咸臨丸殉難者の墓所で山本長五郎(次郎長の本名)が建てた
f0010195_03551537.jpg


巴川の対岸の古い町並みの中には次郎長生家があります(橙印)
f0010195_03523418.jpg
f0010195_03524350.jpg


最後に次郎長の菩提寺・梅陰寺(緑印)
f0010195_18162764.jpg
拝観料がいるし、大きなバス駐車場もあったのでツアーにもよく組み込まれているのかもしれない。
資料館や土産屋もある(土産の品ぞろえはこちらが一番多かった)
f0010195_03511273.jpg
次郎長墓所
f0010195_03510272.jpg
横に並んで一族の墓所ともなっております。

[PR]
by enokama | 2017-02-19 18:17 | 歴史連載 | Comments(0)