エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

靖国の参拝は譲れない

今日はラジオ聞きながら、年賀状やってたんだけど繰り返し、靖国参拝のこと伝えていた。
「A級戦犯が合祀され、中韓が非難している」・・・15年、20年ほど定型通りなコメントでひとっつも変わらない報道のように思う。ひどいのは遠まわしにアメリカも批判しているような解釈をしてるし・・・





僕もネットのない時代は「靖国は悪」なんだって、報道を鵜呑みにしてて、自民党もあかんもんやって思ってた時代もある。
靖国の今の状態は確かに不十分な点もあってどうかなってとこもあるけど、現状で「戦没者の慰霊」をしたい気持ちがあって、個人の信条で参拝することを、日本以上に人権も報道の自由もない(日本の左巻きは安倍政権で報道の自由がなくなったとか言うけど、お前らこそ思いっきり自由を謳歌しとるやないか)国家の言い分ばかり流すのはどうかと思う。
普通に戦没者墓地はどの国でも行ってることやろ。
共同通信やら毎日・朝日も偉そうに「民意を聞け」とか抜かすけど、今の政権は民意の結果だし、採決に強行も何もそんな解釈あらへん。
チャイナマネーの入ったニューヨークタイムスがトランプで赤っ恥かいたけど、「民意」の代弁してるつもりらしいマスコミの認識が今日の報道のように何年も遅れてて、民意なんか一つもわかってない。そらテレビも見なくなるし、新聞も見なくなるのは当然。
いつも通勤の時に「安倍政権許せない」ってビラ配る団体も京都にはいっぱいあって「声を上げてください」って上から目線で言うんやけど、お前らの方が偉いのか。俺らは愚民なんか?民意を知って寄り添いたいんだったら、その姿勢から改めろやって言いたい。

[PR]
by enokama | 2016-12-29 21:33 | 総合 | Comments(0)