エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

将軍塚青龍殿と清閑寺 2016

久しぶりに将軍塚に登ってきました!
粟田口から入って、清水寺へ降りるルートです(2014年記事→こちら
f0010195_1727506.jpg





大舞台からの景色
f0010195_17355660.jpg

大舞台と青龍殿(拝観は500円でした)
f0010195_17362580.jpg


実は将軍塚から、この舞台までも30分もかからないぐらいで着く
f0010195_17293869.jpg

f0010195_1731365.jpg

今日は清水寺からさらに南に「歌の中山清閑寺」
f0010195_17301363.jpg

平家物語の高倉天皇と小督の悲恋物語の舞台である清閑寺。
入口で100円入れるようになっていて、こぎれいな庭園がある。
f0010195_17304569.jpg

西郷さんと月照が謀議した茶室があったところ。こう歩くと確かに清水寺から近いが案内にあった
「5分」では最後の登り階段もあって、10分はかかる。
f0010195_17322735.jpg

この戸の裏に郭公亭があった
f0010195_1733671.jpg

f0010195_17332218.jpg

月照の隠棲常居の堂として、こちらに滞在することが多かったようである。
清水寺と近衛家の縁が強かったことから、薩摩とのつながりができ、尊王活動を行っていたものである。
平成三年まであったが、老朽化で壊されたそうだ。
ちなみに、この場所は近年の研究では疑問視されているものであり
桐野先生の連載が一番わかりやすいので紹介しておきます→こちら
[PR]
by enokama | 2016-06-12 19:25 | 私の好きな京都 | Comments(0)