エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

霊山護国神社にあるあまり知られていない方の石碑

久しぶりに霊山歴史館に「新収蔵展」に行ってきました。
関連ドラマ等のない谷間の時期である今の方が、僕好みのものが出ていたりします。

面白いものでは森田節斎の美人画ってのがあって(愛妾がモデル)墨で書かれたものだけど
現代チックでウインクしたような目がぱっちりで、むちゃくちゃうまいってことはないけど、味があってよかった。
会沢正志斎や来原良蔵の書、清水清太郎の和歌ってのもありました。
後半のコーナーでは前田正名の関連品も興味深かったです。。。


そのあと、霊山の墓地にも行ってきました。
こちらの記事の関連と言うことで少しだけ紹介します。



勤王力士の碑(錣形岩右衛門之碑)
f0010195_18343718.jpg

f0010195_18345462.jpg

昭和四十五年に子孫にあたる方が建てた。
幕末の京都相撲頭取で京都にも「力士隊」があったそうだ。

こちらは麓から、木戸さんの墓に直接向かわれる方なら見たこともあると思う。
淡海槐堂(関連記事→こちらこちら) 

f0010195_1836397.jpg

f0010195_18361836.jpg

北垣国道だ
f0010195_19051548.jpg


[PR]
by enokama | 2016-03-08 18:32 | 私の好きな京都 | Comments(0)