エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

「格差是正」なんて口だけ

ここで経緯は書きましたが、もう仕事を転職してから、一年になります。
まあ京都のいい面や悪い面や矛盾も多々感じることですが、いい勉強ともなっています!
役所仕事はよく理解できないことも未だに多いですがね。

京都に通いだしたのは思惑があってのことですが、未だに兵庫県と聞いて「遠いんと違う」って
言われるんだけど、通勤自体は全然問題ないのであります。
丹波が二府県に分かれた方が不自然で会って、歴史的・地理的にも京都に向かうのがやはり自然と思う。
神戸なんて二時間かけて行くこともないしね。
シフトもお互いに変えたら用事もできるし、元々が京都は月二ぐらい行ってたし
泊まり明けで大阪あたりに向かうのも、京阪電車が安いから行きやすいし。

まあ、いいように書きましたがイヤな面もあるわけで・・・



京都新聞あたり見てたら「京都市は財政が非常に苦しい」っていつも書いてるけど、結局は役所の仕事を
「民間に委託」等することで人件費を抑えるってことは、他の自治体でも行ってることかと思う。
ただ「入札」とか公平にしてるって言うかも知れないけど、とんでもない入札価格で落としているわけなんやね。
そんな価格で取る方も取る方だけど・・・ 結局その事業者は「京都市の仕事」なのに時給なんか最低
ギリギリの線でやってる(それぐらいでないと採算が取れない)
それで給料安いから「人が集まらない→少ない中で無理して人を回す→事故が起きる」
下手したら裁判沙汰になるかもって言ってたけど、こんな現状はもっと明るみにされるべきなんだな。
「同一労働・同一賃金」もよくいわれることだけど、結果的に(間接的でも)模範となるべき自治体からして
ブラック企業」と大差ない待遇の温床となっている。
中之島図書館あたりも橋下になってから「民間委託」になったけど、あそこもボーナスないし
とんでもない低給料やで。若い子も見かけるど本当、これから結婚して家族持ってとか到底不可能。
(まあ「結婚するから辞めます」ってなるんだけど)潰れはしないけど、給与も上がらないし。

京都は役所と大学(非正規職員)が一番立ち悪いかもしれない。
前者は「財政改善のためにかんばっている」ってごまかしがきくし(だからメディアも批判しない)
後者は「大学で働いている」って言ったら、それなりに信用もあるようですが(それぞれ差はあるけど)
残業手当もあいまいで、ボーナス もない。
仕事のできない正職員がいて、一方でその正職員よりできる非正規職員がいて(よくありがちな話)
身分は固定されるままだからね。
そのくせ、その大学の教授やらは「格差是正しない、安倍許さない」ですからね。足元から「格差
だらけなのに、何をほざいているのやら・・・
[PR]
by enokama | 2016-03-10 19:15 | 総合 | Comments(0)