エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

歴史を知ってから物を言え

京都に通いだして、仕事の上から見えてきたもの「京都の実状」ってことも書きたいところだけど
とても怖くて書けない。
「差別」「個人情報秘密保護」「平等な扱い」・・・直面していることは難しいものである。
人間のイヤな面もいっぱい見るし、なまじっか民間会社ではないので割り切りもできない。
「どこに言ったらいいねん」と問合せがあったら、なぜか「市長へ直通の手紙」セットってのが職場にあるので
それを渡したりしているのだ。
 
大阪もそうだろうけど、こんないろんな問題を抱えた地域での政治家など大変だろうと思う。
よっぽど肝が据わっているか、汚れ役を買って出る秘書を抱えていないとやっていけないだろう。
普通に生活できていれば、ちょっとしたことでもすぐ叩かれる政治家を目指すものは少なく
自然と質が落ちて行ってるのが、今の政治の劣化につながっているのではなかろうか。
そのあたりを憂いて松下幸之助が「松下政経塾」を作ったのだろうが、それは結局「書生論」にすぎず
普通に会社員だったり、経営者を経験した人物がまずいないので「一般とかけ離れた」論議しか
政治の世界では通用しないのである。




よく京都でも「戦争法案反対」とか「安倍やめろ」って連中が人の多いところで叫んでいる。
ちょっと外れた場所でやれば無視していればいいのだが、人の通り道にいる者も多いから
僕は正直、文句を言ってやるのだ。
「戦争法案って言うけど、どこと戦う必要があって、戦費はどうするんだ」
「徴兵制なんて取っても、やる気のない戦力など戦力にならない。韓国の実状を知っているのか」
「一党独裁ではない。民主的な選挙で選ばれた政権だ。選挙に入れて、その思惑より方向が間違っている
とするなら、議員の地元秘書なりに説明を求める方が現実的ではないか」
それを言ったら、教師上がりのジジイババアは具体的な返答などなく「いつかは徴兵制になる」
「私の親から聞かされて戦争を知ってるんだ。知っていない者にはわからない」とか、ぬかしよる。
先日、高橋是清のドラマでも日露戦争の戦費を集めることについてやってたではないか。
どのようにして戦争になるのか、ちゃんとわかってから言っているのか?
「言論で解決しろ」ってできないだろう・・・
拉致被害者を交渉の道具にしか使わない北朝鮮。大統領の悪口を言うだけで起訴される韓国。
非民主主義の独裁国家・中国。
言論で通用するのか?軍部が暴走してもおかしくないじゃないか。
本土に迫られてから、ようやく反撃するの?
伊藤博文や大久保利通の明治初期の外交も辿ってみろよ・・・
そんなの明治維新の時の外交官からしたら「愚策」って笑われるよ。
法治国家である日本において、人間が一箇所に何人集まろうと立法行為はできない。
民主的(選挙によって一党が大勝したのは有権者の判断)な手法で選ばれた国会議員が定められた
手続きに則り、法律を作ることこそが立憲主義であり民主主義だ。
だからデモで反対を叫んで「判断を覆させよう」とすることは逆に「民主主義」の否定なのではないか。

あとFBやツイッターでもNHKを批判する方々へ
朝日新聞の記事では「安倍応援団」になるのかってのも出てましたが
報道の自由なんだけどね。感じ方は人それぞれ・・・ネット上では反対に「NHKは政府批判すぎる」ってのも多いから、おそらくそっちの方のデモもあるはずなんだけど、朝日が報道するわけがない。
一方的な動きを報道するだけで「世論の流れ」と捉えるのもおかしいので選挙も投票も関係ない
一部の人間のデモだけで報道姿勢を変えられたら、一般の市民は迷惑なだけ。
前もあったけど「嫌なら見るな」ってことじゃないか。僕はまったくNHKの報道は信用ならないんで
解説委員の解説する番組ぐらいしか見ないけど、深い歴史番組や時代劇はNHKしかやってくれないんで
受信料は喜んで払っている。
自分の都合に会わない報道なら批判する。
もう不毛な議論は止めたらいいと思う。
[PR]
by enokama | 2015-08-26 21:20 | 総合 | Comments(0)