エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

一乗寺の歴史史跡~村山たかのゆかりの地 その1

圓光寺は徳川家康開基の寺で、日本国内最古の木版活字や円山応挙の水墨画と言った寺宝もあり
秋には紅葉の名所として知られている寺院である。
f0010195_21193420.jpg

枯山水の奔龍庭
f0010195_21211039.jpg




f0010195_2123470.jpg

小高い場所
f0010195_21234154.jpg


こちらには大老・井伊直弼の愛妾とされる村山たかの墓所がある
f0010195_21335668.jpg



もう一つ、村山たかのゆかりの寺・金福寺
f0010195_9121623.jpg

f0010195_21372172.jpg

圓光寺によって再興された末寺のような位置づけで、村山たかが尼僧として余生を過ごした場所である

元禄のころ、芭蕉が訪れ「芭蕉庵」と名付けられた庵があり
のち八十五年後に俳人の与謝蕪村が荒廃していたことを惜しみ、庵を再興した
f0010195_21433336.jpg

f0010195_919315.jpg


与謝蕪村の墓
f0010195_2146840.jpg

f0010195_21463291.jpg


弟子の呉春の墓(池田出身で地酒の名としても有名)
f0010195_21502171.jpg

f0010195_21505096.jpg

[PR]
by enokama | 2015-08-22 21:23 | 私の好きな京都 | Comments(0)