エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

田中源太郎と角倉了以と嵐山

先日の「歴史秘話ヒストリア」で三岡八郎(関連記事は福井藩のカテゴリをお読みください)が出ていて
アクセスもいただいているので、FBですでに上げた部分もあるのですが
改めて記事にしたいと思います。

メーンは「坂本龍馬の手紙」でしたが、どれだけ三岡八郎のことがすきやねん・・・思わず突っ込んで
しまいました(笑)
ちょっと気になったのは福井藩の神戸海軍操練所(正しくは神戸の勝海舟海軍塾)への出資は
5000両ではなくって実際は1000両だし、この手紙にあった慶応3年の三岡(由利公正)との対面の時に
「春嶽に会えなかった」ってのは、ずいぶん前に地元の研究者の方から僕は聞いてましたんで「今さら」って思ってしまいました(実際の対応は村田氏寿だった→桐野作人先生のブログ
それと「大政奉還」が戦わずに幕府を倒す方策って、もう30年ほど前の見解だし「五箇条のご誓文」も
横井小楠の直弟子なら常識なんだし「龍馬のアイデア」的なことは言ってほしくないな。三岡の名誉のためにも…
あと三岡の藩で行った事業が何もかもうまく行ったってのも違うし(失脚の遠因もいろいろあったようだし)
新政府の財政担当にはなったけど、そのやり方に、五代や陸奥あたりの龍馬とも近い人物からも
反発があって辞めざるを得なくなって、大隈に変わったこともあったので、実際に評価ってどうだったんだろうかなと最近は思い始めています(由利を調べている人いないのかな?)




もう1本、GWの京都記事であります。。。

亀岡の楽々荘でランチに行ってきました。
前にも少し触れたかつての田中源太郎(山本覚馬の弟子でもあります)邸宅でもありました。

洋館と書院
f0010195_2331935.jpg

f0010195_2341940.jpg

予約しておくと書院の方での食事も可能と言うことでした!

こちらではイタリアンのランチに行ってきました。
よくブログでは一品一品画像をアップされる方も多いのですが、僕はそんな勇気はありませんので(笑)
京野菜を中心に地元の食材を取り入れられていて、たいへんおいしくいただきました。
(食事のレポは苦手なのですみません・・・)

亀岡駅にも田中源太郎。電車で移動
f0010195_2338668.jpg

嵐山の天竜寺でつつじ
f0010195_23393022.jpg

f0010195_2344621.jpg

裏の出口から竹林
f0010195_2344416.jpg

いつか切られる運命?
f0010195_23451975.jpg

青紅葉
f0010195_23495747.jpg


角倉了以の銅像(保津川開削をした)
f0010195_23461886.jpg

こちらも了以の事業(高瀬川)ですね
f0010195_23471136.jpg

一之船入がこんな風に整備されていた
f0010195_2348378.jpg

[PR]
Commented by ゆら at 2014-06-04 01:43 x
>由利を調べている人いないのかな?

↓これなんかどうでしょう。
落合功「由利財政と第一次大隈財政」
Webで公開されてます。あくまでも「財政」関係だし、人物像とか大雑把な気もしますが。

由利については「談話があてにならない」で有名で。
今回の龍馬の手紙では、由利が冗談を言ったことが事実だと確認できて、よかったです(苦笑)
Commented by enokama at 2014-06-09 23:32
コメントありがとうございます! また、私も一つ由利財政のネタを見つけましたので紹介したいと思います(なかなか更新ができないので、いつになるか 苦笑) 由利の証言があてにならないのはよく言われることですよね!
by enokama | 2014-05-23 23:51 | 私の好きな京都 | Comments(2)