エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

鎮霊社に参拝していた安倍首相

フジ系で時代劇をやっていました。
でも年2回しか、しないんだね~
やっぱり「武士道」が見られるから、時代劇はいいよね。。。

それにしても20年後ぐらいになって、時代(風俗)考証の出来る人や脚本の書ける人は
残っているのだろうか・・・


本題ですが、あまり政治的なことは書いても、引かれるようなとこもあるんで
頻繁には書きたくないんですが、一応「歴史」ってことでの記事ですのでご了承ください。

まあ、私のところの新聞は地方紙で、その大元(共同通信)は反保守での論調です。
f0010195_06278.jpg

鎮霊社にも参拝してるんですよね→関連記事
これは大事なことだと思うんだけど、新聞的には「外国の批判をかわすため」と論調されてしまってます。
たぶん青山さんも共同通信出身だから、まだ繋がりのある人が良心(?)で事実だけでも書いたのかも
しれません。テレビ報道もないだろうし、他の新聞はどうだったんでしょうね。。。



たぶん、このことは報道もされないでしょうし紹介しときます
f0010195_011411.jpg

一番このメッセージこそ大事なことだけど「首相の本心」とは取られなくって
周辺諸国との関係も考慮せずに「国益より自論を優先した」としか取られていないようですね。

あと、この記事もどうかと「絆」の使い方間違ってるっちゅうねん。
日本が窮地になってもロクに支援もせず、日本の金でもいっぱい、いろんなもの作ってもらえたのに。
それと「戦前をほうふつ」って、実際に戦前を知っているのか?
f0010195_0202085.jpg


一面は「アメリカ様がお怒り」ってことでした。すごくマスコミさんは攻撃ネタができて嬉しいんでしょうね。
「靖国参拝自体反対」ってのは、さすがによう書けないのでしょうしね。
(小泉さんの時の僕のA級戦犯に対しての考え→こちら
一応「失望」しか報道もされてないようなので、後にも文言はありますので、載せておきます
(ロイターより)
「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに失望している」とした。
米国が日本の首相の靖国参拝に懸念を表明するのは異例。米政府は「首相の過去への反省と日本の
平和への決意を再確認する表現に注目する」と、今後の日本側の対応を注視する姿勢をみせた。
それとネット記事ですが僕も実際に聞いたことがあるので紹介します→アメリカの親中派・親韓派

あと各党のコメントで
 社民党の方 「暴挙」っていくらなんでも言い過ぎでは→こういう人
 共産党さんには「アメリカいいなりもうやめよう」ってありましたよね。今回こそ「いいなり」止めました。
 どう評価されるでしょうね!

また、青山さんはいつも「中韓だけ」じゃなくって、アメリカにもきっちりと物申すべきだとおっしゃっています。
オバマも大統領としては失格ですわ、何にもできないし決められないし。首脳会談しても・・・
しょうがないんじゃないかな。
「謝罪」ばっかりで頭下げなだめな、条件付きの中韓相手の首脳会談なんか無理してすることもない。
民主党で首相がころころ変わった時も、世界各国は日本をなめきってたでしょう。
賢明な国はわかり始めています。。。
「外交的に孤立」って表現もされますけど、そのためにアセアン、ロシア、元来親日国のトルコ・インドと
外交攻勢をかけてるんですよ。
アメリカも「いい顔」ばっかりじゃないです。ソチ五輪にも大統領は「人権問題」で行かないって言ってるけど
それ言ったら中国なんか到底付き合えないじゃないか・・・
経済のことだけで中国に擦り寄りたいだけですわ。別にそんな態度にいつまでも追従することもない!
[PR]
by enokama | 2013-12-27 23:56 | 総合 | Comments(0)