エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

天皇誕生日 2013

この時期の年末は3連休となることが多いのですが
正月休みもあるし、月当たりの仕事量は変わらないので(稼働日数が少なくなる)
なかなかゆっくり休めないもので、残業と土曜出勤で対応をしていました。

そんな中で日曜は昼から、阪神競馬場で有馬記念の馬券を買って
(善臣流しって俺は・・・(苦笑)でも最終も善臣で結果的に1000円ほど浮いた 笑)
そのあと、ミナミで久しぶりの維新の集まりで盛り上がって、ホテルに泊まり
今日はゆっくりしてもいいのですが、なぜか目が早く覚めてしまったので、南海電車に乗って
先日メールで問い合わせもしていた、和歌山市立博物館に行って、図書館にも寄って
調べものをしてきました。。。
これは、なかなか面白い話で収穫もありました(また、詳細はのちほど)






天皇陛下、80歳の誕生日です。
それにしても大病もされたって言うのに、相変わらずのご公務や外交・被災地訪問と本当に
頭の下がる思いです。。。

以前、青山繁晴さんの講演に行って、いつも質疑応答があるんだけど
若い中学生ぐらいの子がね「天皇陛下ってどういう存在なんですか」って聞いていたんです。
僕もそうやね、まあ日教組のことだから「戦争の象徴」やら「日の丸上げてるのは右翼」みたいな印象も
教育されてきて、やっとなんとなく「皇室」ってわかってきたのは最近のことかもしれない。
たまに書いてるけど、維新のころの大久保や岩倉の考えからも見えてくる面があるのです。

青山さんが言われていたのは特に「皇室外交」の重要性です。
これだけ1000年以上からして「血統」のわかって、続いている家柄・伝統を持った方って
世界中見ても、まずおられないんです。
だから外国では尊敬の念を持たれて、しかも真摯な姿勢で臨まれますので
憲法的には「象徴」となってますが、かなりの日本国のイメージアップに貢献されているのです。
その姿勢は特に被災地訪問でもはっきりわかります。
陛下にしろ、美智子様にしろ、被災者の方と同じ目線で話をされているでしょう。
震災当時の某首相なんか、上から目線ですよ。
だから上辺だけの印象で怒鳴りたくなる人の気持ちはわかる。
それとY本T郎って奴が、陛下に手紙渡そうとしたでしょう「福島の現状を伝えたいって」
そんなの何度も被災地に足を運ばれているじゃないか・・・、もちろんご存じですよ。
本当に失礼すぎる話ですよ。

あと今の安倍さんなんて、過去3代の短命バカ首相に比べてだいぶましなんだけど
なんやかんや朝日新聞あたり見てても、どんな政策をするにしてもなんか批判をかましよる。
「秘密保護法案」はメリットの面もあるんだけど、批判だけしかしないし、反対運動しか報道しないでしょう。
「説明が足らない」って言うけど、説明してても伝えない報道もあるんですよ。
FBでは佐藤正久さんとか稲田朋美さんをフォローしてるだけでも、十分伝わってくるんだけどね。
とにかく「責任を取れ」って煽って辞めさせることが、マスコミ連中の満足だし
批判する方も安倍さんを辞めさせて、誰が政権を取って、どんな政策を望むのか
「これだけ酷くなる」って想像だけで、反対だけじゃないですか。
ツイッターの孫崎亨とか山口二郎とか、ほんと意味不明(だからあれは短文バカなんだ)
だから辞めさせれば満足な人は多いんだろうけど、世界から見たら「指導者がころころ変わる」異常よね。
ほんと、皇室がなかったら、日本には何が残るんだろうと・・・
また、お体を大事にしていただきたいです。

僕は亡くなった三宅久之さんや、青山さんの話がずっとしっくりきてたので
二人とも仲の良かった安倍さんは支持してるんですよ。
マイナスはあっさり消費税を上げたのと、原発の推進の方針がどうもってところもありますけど。
まあ閣僚もずっと変えてないし、人物もいい人が多いと思う(環境大臣の馬鹿ボンと原稿丸読みで
自分のメッセージを発せない国土交通大臣はダメ)
「外交」と「給料上げまっせ」ってだけでも、ここは賛成ですので
しばらく「安定政権」で行ってほしいなと思ってます。
その都度でブレブレするよりも、同じ方針でしばらく進むってのも大事じゃないかと思います。
そうしないと足を引っ張り合いするだけで、何にも変わらないと・・・
[PR]
by enokama | 2013-12-23 23:21 | 総合 | Comments(0)