エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

京都の休日

今日は淀に行く前に、久しぶりに霊山歴史館から円山公園あたりを散策してきました。
霊山は5月7日まで「吉田松陰と幕末の英雄」展。
松陰は長州に成功者が多く出たんで、よく語られすぎ(長井雅楽や村田清風あたりの開国貿易論を否定して攘夷に走っときながら、維新後の欧化政策をした連中がちょっと好きじゃないこともあるけど・・・結果的に前原一誠はそれで消された)とも思ったけど、いろんな個性をもった連中が持ち味をいかして、活躍する場を与えていったと言う意味では改めて大きな存在だったんだなと思いました。
処刑寸前に書かれた絶筆(急かされて一部、省略されている) 高杉晋作の駄賃帳(金を浪費してたイメージがあるが、実は几帳面に収支を付けていた) 禁門の変で亡くなった、久坂玄瑞・入江九一の詩書。あの黒船ペリーの日本を紹介した遠征記(挿絵がよかった)あたり印象に残りました。

f0010195_23153715.jpg
しばし散策、桜は散ったけど緑も気持ちいい。
知恩院に行くと年2回ほどの三門の開放日だったんで昇ってみる。普段は普通の門に見えてても、門上にはしっかりしたお堂があって仏像が20体近く祭られている。景色ももちろんいいんだけど、門から景色を撮るのも撮影禁止ってことでちょっと残念だった。

f0010195_2316626.jpg

ちょうど額の裏あたりがお堂になっている。この手の山門(三門)は東福寺・南禅寺あたりも有名

このあとは祇園白川あたりを歩いて京阪電車に・・・
[PR]
by enokama | 2006-04-30 23:20 | 私の好きな京都 | Comments(0)