エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

久留米藩~からくりと水天宮

久留米は有馬氏の城下町で大河・筑後川の流れる平野の恵みと、水運を生かした(天領日田と
大川若津を結んだ→こちら)恵まれた環境で発展し、現在ではブリジストンタイヤに代表されるゴム製品を
中心とした工業都市として知られています。
f0010195_003085.jpg

また多数の芸能人を輩出し、豚骨ラーメンの発祥とも言われているところです。
f0010195_043583.jpg

上の写真は五穀神社近くの大砲ラーメン本店(味は懐かしい素朴な感がありました)

市街地は福岡(天神と博多)同様に西鉄とJRの駅があり、その二つの駅間、東西に「明治通り」「昭和通り」
(福岡にも同じ名前の通りがある)が結び繁華街(六ツ門あたり)となっていて、西鉄が東・JRが西
(これは位置関係が逆)で距離的には天神~博多と同じぐらいで、西鉄バスが頻発していることも
何かしら類似性を感じるところです(岩田屋も西鉄の駅前にある)

町の賑やかさでは圧倒的に西鉄駅の方が上で、JR駅は新幹線が通ったものの
ブリジストン工場が近いぐらいで、少し寂しい感じがします。
ただ昔の城下の雰囲気が残るのは、水天宮や城跡もあるこちら側のエリアかもしれません。
また櫛原(西鉄久留米から一駅北)は寺町となっていて、こちらも風情が残るところです。
この寺町にある遍照院には、今回は行けませんでしたが、憂国の士・高山彦九郎や幕末長州の尊攘志士・
大楽源太郎(明治になってから、久留米藩での抗争に巻き込まれ、暗殺された)の墓もあります。



まずは西鉄駅の周辺から、「JIN」でも有名になった田中久重(→東芝サイト)の生家跡の碑(通町)です。
f0010195_0284850.jpg

西鉄線の高架沿い、久留米~櫛原間の東側で、五穀神社の西側にあたる場所となります。
関西へ遊学・事業を行ったのち、佐賀藩・佐野常民の引きで優秀な技官を求めていた佐賀に仕官し
久留米に戻ってきました。

佐嘉神社(佐賀)の案内にもある
f0010195_032187.jpg

五穀神社
f0010195_0325767.jpg

「からくり儀右衛門」は、この神社の祭礼で腕を磨いた

隣接する中央公園内には銅像がある(赤印)
f0010195_0334843.jpg


JRの駅前にはちなんだからくり時計が
f0010195_0344277.jpg

JRの水天宮口(西口)から水天宮へ
f0010195_0352361.jpg

このあたり、昔の街並みが残っている
f0010195_036139.jpg


水天宮(桃印→HP東京水天宮HP
東京水天宮の宮司は今も有馬さんなんですね!
f0010195_037448.jpg

水天宮の幕末の宮司と言えば真木和泉
f0010195_037528.jpg

f0010195_038681.jpg

藩内抗争に敗れて蟄居していた建屋の復元
f0010195_03858100.jpg

のち脱藩し、尊攘志士らの指導者的立場ともなります。

真木神社もある
f0010195_0392755.jpg

天王山(→こちら)で共に自刃した者たちも祭神に(土佐人が多いな・・・)
f0010195_0394634.jpg


有馬家の菩提寺・梅林寺(橙印)
f0010195_0415234.jpg

f0010195_0421682.jpg

f0010195_043086.jpg

外苑と呼ばれる場所には十烈士碑があります
f0010195_11111210.jpg
f0010195_11110717.jpg
開国佐幕派だった幕末の久留米藩首脳が、倒幕によって息を吹き返した尊攘派によって
十二人が粛清されたことを示す碑であります。

寺には人がまったくいなくって、なんか寂しいところでした。


南側にブリジストンを見ながら、筑後川沿いを歩くと久留米城(緑印→地元では篠山(ささやま)城って
言われるほうが、自然なようだ。なんか丹波の篠山とごっちゃになりそうだが)
f0010195_0455650.jpg

f0010195_046248.jpg

f0010195_0464738.jpg

こちらには篠山神社があるぐらいで、特に復元建造物もないんですが
「有馬記念館」と言う資料館があって、久留米藩資料が展示してありました。
ちなみに有馬氏の子孫は、のちにJRAの理事長となって「グランプリ」(有馬記念)を創設した人物です。
お城の東側にもかつての城下町の風情を感じます。

あと、適塾での久留米出身者としてはあの高松凌雲。
また、塾頭を務めた松下正芳も当地出身。
福沢と仲が良く、慶応義塾で教鞭をとった経歴も持つが、明治2年に帰藩も
藩内での対立抗争が激しく(久留米は明治維新直後、大楽の暗殺にも見られるようにかなりひどい
藩内情勢で、有為な人材も処罰等を受け不遇に終わった者も多い)松下も謹慎状態となり藩外に出られず
失意の中、憂死したと言う。

関連書籍として、藩物語「久留米藩」が大きな書店にあって求めやすいかと思いますが
あまりにも著者の偏向史観があって、おススメできません・・・
真木和泉と高杉晋作・坂本龍馬を比較して(比較対象するレベルか?とも思うが)「劣る」ような表現も
されているが(真木和泉顕彰会から絶対クレーム行ってると思う。よくここまで書けたなと逆に感心してしまった)
基本的に元治元年以前・以後の志士像は違うので(慎太郎と龍馬も、そのころはその他大勢だったでしょう)
理解できない部分も多いです。
松下正芳は個人的にもっと調べられたらなと思っています。。。
[PR]
by enokama | 2013-01-22 22:23 | 筑後・佐賀藩 | Comments(0)