エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

近江屋事件の検証~榊原英資・龍馬伝説の虚説

今日は一次資料を読むのではないので、久しぶりに地元の図書館へ。
歴史書でも「吉川弘文館」の専門書が思ったよりあったし、開架で新しい書籍も見られるので
購入前のチェックとして十分、使えそう!

本当は加治将一の本を、もう一回しっかり読んでおきたかったんだけど
残念ながら所蔵なし・・・
代わりと言ってはなんですが、このテーマ(近江屋事件)で気になっていた書籍をチェックしてきました。





榊原英資 「龍馬伝説の虚実」

まず龍馬は「佐幕開国派」なんだって決めつけてる・・・
定義づけって人によって異なるかもしれないけど、土佐だったら野中太内や寺村左膳らと変わらないって
ことになるよね。
阿部正弘、堀田正睦、大久保一翁、そして勝海舟と開明派幕府官僚の系譜をたどって
(ちょっと違うような)のことだけど。
もちろん海軍としてはお決まりのように「神戸軍艦操練所」の開明性を言いながら、阿部がきっかけを
作った築地の操練所は無視。
まあ、龍馬の人間像はそのあたりの本と変わらないんだけども
とにかくこの本では西郷をひどく(ですます調で丁寧に見えるけど、まあ悪い)
何度も何度も「龍馬を暗殺した黒幕は西郷」と繰り返している。

大政奉還を建策した龍馬は憎んでも憎み切れない存在。平和裏に朝廷と幕府を和解させ、慶喜を
トップにしようとしていた人物が
なぜ幕府に暗殺されなくてはならないのか。
徳川慶喜の大政奉還にあわてたのが討幕派の大久保らで、窮余の一策として「討幕の密勅」を出させ
これに基づき「王政復古のクーデター」を起こした。

薩土盟約の破棄で西郷と坂本は袂を分かつ。
西郷と大久保は討幕の密勅として岩倉とともにでっち上げ藩論を統一、長州とともに討幕に突っ走っていった。
大政奉還させて一大名とし、朝廷と幕府の融和策を考え、土佐をバックに精力的に実現しようとした龍馬は
どうしても消さなくてはならない邪魔者。
・・・
(こんな文章が何度かループ)

極めつけは薩摩長州の独裁的リーダーシップの下で明治政府は富国強兵・軍国化への道となり
その姿勢に疑問を抱いた旧幕臣や会津・・・
いや明治の軍人には、たくさん東北の人がいましたけどね。

「勝者に書かれた歴史」とは事実とは違うと言って、従来の薩長(が正当)史観から
会津側に偏った史観で書かれた書物は、久しくたくさん書かれたので、もう一般的に人物としての西郷は
「陰謀策略にまみれた」とのイメージは浸透しているかもしれない。
未だに「薩長史観は間違ってる」として執筆を重ねる者もいるが、まっとうな研究者の方からは
「逆にこの動きは危うい」として警戒されているのは事実。

まあこの作者は素人なのでムキになって、あれこれ言う必要はないが
ここまで西郷を悪人に決めつけ、明治政府をも否定する作品も、数ある「会津偏向作家」の書籍な中でも
中々ないであろう。
誰の書籍を参考にと思ったら・・・加来耕三、菊地明、星亮一、松浦玲とありますが、こんな程度の
レベルなんでしょうか?
(維新史の研究家は「灰色説」が多いようだが、薩摩黒幕説が妥当と・・・どの研究家を言ってるのでしょう。
自分も「研究家」きどり?)

読み物としては別にかまわないが、出版社が「朝日新聞」となっているので、引用資料を見ても
「薩長側」がなく(ちゃんと引用してたら、こんなむちゃくちゃな内容にならない)
偏った記述の書籍の発行は問題ないか?
正しい歴史を伝えるのも新聞社の使命だと思うので、公平な目線こそ大事だと思う。
まあ「読む価値なし」です!
[PR]
Commented by リンク at 2013-01-20 03:36 x
薩長から軍国って(笑)突飛すぎる・・・独裁でもないし
結局その手の輩は会津を利用して薩長叩きたいだけなんでしょうね
会津もある意味被害者ですね・・・左派は被害者や弱者の味方のふりしてますが、結局利用してるだけなんですよね
被害者や弱者は自己の思想を広げるための“道具”なんでしょうね
日本人が被害を受けて加害側が外国なら、左派は絶対に庇わない
Commented by taka at 2017-07-16 20:15 x
近江屋事件の情報をあさっているうちにこちらのブログにたどりつきました。
たいへん参考になり、喜んでおります。
近頃は「薩長史観は間違ってる」ということを某H田I織氏の著書で初めて「教えられた」方々が大勢いらっしゃるようです。幕末史の本をまともに読んだことがないのでしょう(笑)

※薩摩長州の独裁的リーダーシップの下で明治政府は富国強兵・軍国化への道となり
満州事変~太平洋戦争の軍部の指導者って、東北人や北陸人ばかりで、薩長関係者の方が少数派ですよねえ。
by enokama | 2012-09-08 21:06 | 歴史連載 | Comments(2)