エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

増税・原発の議論よりも小沢氏個人批判の特集記事を書く新聞

うちは地方紙なんで、おそらく共同通信の流すものでしょうが
今日の新聞は、これでもかと言うぐらい「小沢離党」に紙面を割いていました。

今回の行動はまったく理解が得られていないとの論調で
市民の声ってのも100%小沢批判のコメントで占められていました。

でも、これってどうでもいいやんってレベルじゃないですか?
離党も厚顔の山岡以外は知らない名前の1年生議員ばっかりだし
何にも影響力を持てるわけないやん。
よっぽど北海道の鈴木さんや大阪の橋下とか、地域政党とうまく連携できるのかとしか
生きる道はないですよ・・・正直、小沢氏は終わっている。

それより増税が決まったとして、どんな市民生活の変化があるとか
ようやく報道もされるようになった原発デモの様子とか書くことあるでしょう。

国民の多数が容認している増税(乱発される?な世論調査では過半数が一応容認しているようだ)を
人気取りばかりの反対で自滅・破壊に追い込んだと伝えたいようです。

けれど、そんな話題にすり替えて肝心な事が伝わっていないじゃないか?
昨日のテレビにも出てたけど、小沢氏寄りの議員・川内さんははっきりと
昨年来から増税反対を口にして、今回も筋を通していたわけ。
でも小沢さんに一緒について行ったとして、何ができるだろうかってこともあるだろうけど(離党せず)
普通に考えて、今の経済情勢で増税して、プラスになる面があるんだろうか?
党議拘束とか言うけど、国民直結の問題で「国民の生活が第一」のスローガンの党で
それに反すると思ったら、はっきりと姿勢を取った議員の方が潔いではないか。

もう小沢氏に何もかも押し付けて、話をそらすような姿勢はマスコミは止めてほしい。
まあ民放のテレビ全体をひっくるめて、もう終わってるけど・・・
[PR]
Commented by リンク at 2013-01-20 04:14 x
小沢が終わってるのは事実ですよ
脱原発なんて現在の状況では不可能ですし・・・増税は確かにおかしいですね。逆に冷え込みますよ
原発デモはアホくさい、増税は駄目なのわかりきってますし、そうなると書きたくなくなる気持ちも少しはわかります
by enokama | 2012-07-03 20:58 | 総合 | Comments(1)