エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

妙心寺の特別拝観~2011春(佐久間象山墓所)

仁和寺の後は以前の記事に書いた→こちら
妙心寺塔頭・大法院の特別拝観の情報をいただいたので行ってきました!
f0010195_001613.jpg

あまりネットでくぐっても情報がないし
京都駅の観光案内でもまったくないんですよね・・・まあ、すいているしゆっくりできましたけど。
3ヶ寺共通拝観券1400円也を購入します!



まずは常に公開されている退蔵院です。
f0010195_05371.jpg

f0010195_054560.jpg

f0010195_061751.jpg

f0010195_07848.jpg

うん、素晴らしい。。。


続いて、松代藩真田家菩提寺で佐久間象山墓所でもある大法院です。

前回紹介した大垣の金森さんの石碑に、公開案内の看板がくくってあった。。。
(これは東福寺の即宗院でもそうだったけど・・・)
f0010195_0105513.jpg

中に入って「左佐久間先生墓所」とありますが
f0010195_0113854.jpg

これ以上は入れません・・・
f0010195_0132058.jpg

なんかいっぱい黒谷さんの赤松小三郎ばりに、案内の石碑があるのにね(こちらは北総門にもあったもの)
f0010195_0164712.jpg

お墓の公開は現在されていないとのことです。
しかしながら象山関連の史料は、ほぼこちらに所蔵されているそうで
公開される時もあるそうです。
以前の公開時の図録見本もありましたが、象山先生の肖像各種や
品川弥二郎が松門下生としての象山先生をたたえる書簡があるそうです。
それにしてもヤジの字は個性あってわかりやすいやね(笑)
また、真田家自体のお墓はないそうです。
f0010195_0224365.jpg

こちらは「露地庭園」として、ゆったりお茶を飲みながら過ごしたいところ・・・
秋の紅葉の時期もいいようですね!

最後に春日局ゆかりの麒祥院です
f0010195_0244027.jpg

こちらは100%撮影禁止です。
三代将軍家光の乳母・春日局の香華所(菩提寺)として建立されたもので
当時の妙心寺塔頭の多くが、各戦国大名の転じた名家とのつながりがまだ多かったことで
あえて徳川ゆかりの寺院を配置する意味もあったとか。

御霊屋には春日局の柔和な表情の木造が見られます。
家光の送った「百椿図屏風」は鮮やかなもので、2対のうちの1つが展示されていました。
それにしても建物中に稲葉家の家紋(→折敷に三文字 )が目立ちました。
これだけ多いのも見たことのないぐらい・・・

隣華院
f0010195_0122558.jpg

紋(輪違)にも見られますが脇坂家ゆかりの寺です。
[PR]
by enokama | 2012-04-21 23:57 | 私の好きな京都 | Comments(0)