エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

水戸藩士たちが眠る~東山・長楽寺

まず、新しいリンクのお知らせです。
azatoさんのブログ→aunn

以前から土佐の幕末史を書いておられて
今回は「武市半平太の実像」について、わかりやすく書かれていましたので(→こちら)紹介させていただきます。
僕も「龍馬伝」の描き方が酷く、その話に乗って湧いて出てきた「半平太批判、以蔵擁護」論者には
憤慨したもんですが、その時に書いた記事は正直、感情が入りすぎてうまく説明ができなかったかもしれません(反省!)
(「土佐藩」のカテゴリを少し遡ったら記事は出ます)
皆様には「半平太の実像」について、ぜひ正しい認識を広めていただけたら嬉しく思いますので
よろしくお願いします!


今日は先日の日曜日、霊山歴史館でいつもの土方先生の講演と
私が担当する霊山墓地の案内をするために京都に行ってきました。
霊山に行く前に「京の冬の旅」で東山・長楽寺が「平清盛」関連で特別拝観していると言うことで
行ってきましたレポです・・・




長楽寺は円山公園東側にある天皇家ゆかりの古刹です。
壇ノ浦の戦いで敗れた平家の人々は女子供までもが尽く入水し、その多くが亡くなったのですが
その中で清盛の娘・建礼門院は助け出され、京に戻り出家し、この寺に入りました。
f0010195_0513119.jpg

この寺宝として「建礼門院御御影」「安徳天皇御御影」があり
安徳天皇の直衣で作られた仏具の「幡」は、1000年も前の繊維が残っていることはまずなく
かなり貴重なものだそうです。
安徳天皇は天皇と言ってもまだ少年の肖像で、無邪気に遊ぶ姿で書かれている何とも言えないものでした。。。

境内にある建礼門院の供養塔
f0010195_0523472.jpg


以前は広大な寺院だったそうですが、江戸時代には東大谷廟の造営。
明治維新になって、円山公園の建設のためにさらに小さくなりました(龍馬慎太郎像あたりも境内だったろう)
そして、徳川慶喜の実弟・松平昭訓(京に上っていたが16歳で早逝)の墓や頼山陽の墓があるためでしょうか?
水戸藩士たち(慶喜ゆかりの人物も多い)のお墓が周囲に立っています(水戸藩尊攘苑)
特に元から水戸の菩提寺だったと言うことでもないようです。
f0010195_0532824.jpg

上に上がって行くと原市之進や鵜飼父子の墓所。まっすぐ行くと頼山陽らの墓所。
f0010195_0554718.jpg


「尊攘」は烈公・斉昭の文字
f0010195_0593228.jpg

この周囲には松平昭訓墓所。鵜飼父子の墓所(案内図の22・23番)は、とんでもなく行きにくい場所に
ありますので要注意!
孝明天皇の密勅を水戸に運んだとして「安政の大獄」での主犯格として井伊の憎悪を受け
厳刑に処されました(息子は獄門となった・・・)

京都で活躍した執政・大場一真斎の墓があります
f0010195_131489.jpg

原市之進墓所
f0010195_1284857.jpg

特に将軍になってからの慶喜をよく支えた人物で。薩摩勢との折衝にも当たっていました。
慶応3年の「四候会議」(→こちら)で神戸開港が決まり、計画を進めるところ
反対派の幕臣(このあたりが慶喜の立場の微妙さが覗える)らに暗殺されました。
黒幕は二舟(高橋泥舟・山岡鉄舟)と言われています・・・
結果的にむしろ原の暗殺が幕府側には痛手になった感もあります。

頼山陽墓所
f0010195_1135390.jpg

f0010195_1141478.jpg

奥さんの墓もすぐそばにあります。
水戸絡みって言うより「この東山の地に葬ってほしい」との本人の遺言でこちらにお墓があるそう。
結果、山陽の影響で「尊攘志士」が多く出ることになったことでの因果もあります。

頼三樹三郎墓所
f0010195_119646.jpg

こちらも安政の大獄で亡くなった志士。
橋本左内同様「遠島」のところに付箋が張られ、死罪となった由。
江戸での墓は南千住回向院にあったものを、吉田松陰の改葬にきた長州藩士の手によって
三樹三郎の遺骸も松陰神社内に移された。
(ちなみに橋本左内は福井藩士の手によって、現在地・福井市左内町の墓所に改葬されている)

こちらからの景色です
f0010195_1332464.jpg

[PR]
by enokama | 2012-01-25 23:08 | 私の好きな京都 | Comments(0)