エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

規制なんかくそくらえ

今日書くことは見方によっては暴論に見えるかと思います。
でもこのブログは大したアクセス数でもないし、別に人に影響を与えたり感化するほどのことはありません。
ただ頭おかしいおっさんが、一人で訳わからないことを吠えとるなと取ってもらったらいいんで
そのあたりは寛容にお願いしたいと思います・・・




今日はやっと仕事が落ち着いたので休みを取って、伊丹まで運転免許の更新に行ってきました!
9時過ぎに入って、1時間講習を受けて終わったのが11時前。
行くたびに段々要領がよくなって、順番も早く進んでいたように思います。。。
しかしいろいろ改定があって講習の時間も増えているし、そうしないとだめなのかもしれません。

講習でいろいろ聞いてきたけど罰則の強化やら、なんでもかんでも(タバコなんかも最たる例ですが)
うるさくなってきて窮屈な世の中になってきたもんです。
結局事故を起こしたら己の責任ってことで、バイクやチャリでほんまに「危ないのはそっちやろ」って言っても
新聞では容疑者にされてしまうんだろうね。
「ゴールドカード」とか言うけど、それペーパーか運がいいだけでしょう。
僕ら住んでるの田舎やから車がないと生活ができないんです(イオンとかも車でしか行けない所に作るでしょう)
そんな中で制限50キロで下り坂で、スピードが勝手に乗るとこでよう張ってるんですよ。
(園部抜ける峠や能勢の坂を下りきった所とか、府県問わず)
そこで「12キロオーバー」とかね(苦笑)
人もだれも歩かないような所での一旦停止とか(そりゃもちろんそろっと出てるけど、張ってる方からは
「きちっと止まってない」って指摘される)
あと、うちのあたりや9号線沿いもそうだけど外食・飲食店って言う関係ほとんどつぶれたんですよ。
アルコールの収入がなくなったからね、これは大きい。
残ってるところは送迎バスしっかり出してってことになるけど、そのあとにオネーチャンいる店とか
行けなくなったわけよね。
だから田舎おってもおもろないから、人がおらんようになる。

マスコミで散々飲酒の事故叩いて、世論起こして厳罰化したんだろうけど
もう一滴も飲むなって所まできてるし(ヨーロッパあたりではもう少し大目に見るらしいけど)
そんな記事を書く人は、別に車なくても生活できる場所に住んでるだろうし、地方のことなんてわからんわな。
もちろん事故起こした奴は最低だけど、行き過ぎもあるでしょう。
規制はタバコにしろ、風俗にしろ、暴力団も締め出したはいいけど地下に潜った方がもっとやばい気がする。
幕末の日記とか見ても、そのあたりの話(色街や任侠道、飲んで斬り合いそうになったとか)があってこそ
面白いし、艶っぽい話も人間らしくっていいんじゃないか。
今のミクシィで「喫煙者は死刑」とか「たばこなくなれ」とかあってね・・・それも大勢いるのよ。
そのあたりのメンバー見てたら「タバコも酒もなくなれ」って、僕ちゃんが言ってるんやね。
なんにも息抜きができないように、古い世代からは思うんだけど
そんな連中は何が楽しみで生きているんだろう。
逆にそんなだから、いきなり切れたり無差別に人を殺したりする奴が出てくるんじゃないんだろうか・・・
そんな小さくまとまってしまう連中って、女性から見て魅力的に見えるんでしょうかね。
まあ、そんな男ばっかだから韓流スターに行ってしまうんだろうけどね(苦笑)

車に乗るのは仕事場が駅から遠くなってしまったので通勤に使わないとしょうがないんだけど
後は最寄の駅までって感じで最低限にして、電車をできるだけ使うようにしてます。
取り締まりも多いし、お年寄りも増えたんで(ほんと車がないとやっていけない地域なんで)ノロノロ
遅かったりもするんでストレスを感じるんです。
前、ひと月ほど海外出張して運転しなかったら、どれだけ楽だったことか・・・
僕的には車より酒を取りたいし、車持たなくていいから駅に近いところに住んだ方が理想なんですけどね。
まあ、今の地域生活で大阪・京都も1時間強圏になったし
日本の経済構造のこれからの変化を考えたら、田畑を持っている方が有利になってくる気がするし
災害が少ないってメリットもあるんで、完璧な理想生活ってのはそうできないでしょうけどね。。。
[PR]
Commented at 2011-10-26 02:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by enokama | 2011-10-25 22:42 | 総合 | Comments(1)