エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

秋華賞に向けて~キョウワジャンヌ

ローズSですっかり惚れ込んだキョウワジャンヌ(→こちらこちら)ですが
新聞や雑誌見ても、そこそこ評価されているようです!

スポニチの方でいい記事が書いてありましたんで(飯田君の人柄がよく出ている)
紹介しておきます。。。

それと某掲示板で(馬ごとに書き込めるとこ)いろいろ書いてありますが
レベルが低くって、馬券ベタの鬱憤ばらしのようになってるので感じよくないです。。。
いつも思うんだけど飯田を乗せることで文句言うんだったら、リーディング上位の角居や藤原英で
岩田や川田を乗せてる馬を応援してください。。。あんたらの来るところじゃないって言いたい。
騎乗数少なくっても、一鞍一鞍大事に乗って腕の確かな騎手もいるんです。

でも、やはり上位厩舎のいい馬に乗るのが一番ですけどね。
酒井学君も最近勝てないのは、川田や浜中が夏~秋にかけて固め勝ちしたように
いい馬が占められて、騎乗馬のレベルが上がらないから・・・
ここ最近、小牧のへたくそな逃げに二回続けてやられたけど(期待してた馬だっただけに・・・)
絶対、酒井君の方があのタイプだとうまいと思うんだけどな。



【G1ドキュメント=11日】馬場入り前、ちょっとヤンチャな面を見せる馬が栗東にいた。
G1用の特殊ゼッケン7番を着けたその馬はキョウワジャンヌ。周囲はハラハラしながら見守ったが
橋口厩務員が何とかなだめて無事調教に向かった。
「元気があり過ぎる。全休日明けは周囲もピリピリしてるでしょ。ガーンと来ちゃうんだよ」
とベテラン厩務員は苦笑する。1日馬房に収まっていた翌日とあって、火曜日はテンションが高めの馬が多い。
普段の調教にこぎ着けるまでもひと仕事だ。

だが、馬場で乗り出してしまえば問題ない。角馬場から他馬の少ないBコースで調教をこなすと
すっかり落ち着いていた。栗毛でスタイルのいい馬とあって見栄えが良く、仙波だけでなく数人の記者が
厩舎に引き揚げていく後ろ姿を見送った。

調教に騎乗した飯田を囲んで取材の輪ができる。「ずっと使ってる馬だから、ここに来てグンと
良くなることはないですけど状態をキープしてます」と淡々とした語り口。勝ちたい気持ちを押し殺して
努めて客観的なコメント。だからこそ信頼できる。取材陣に飯田ファンの多いゆえんだ。

 「ホエールキャプチャは強い」という冷静な前置きをしつつも「楽しみも大きい」と野心を胸に秘める。
「この馬自身、これまでレースでいろいろ勉強してきましたから。折り合いは大丈夫な気がします」。
この「気がします」も願望でなく「大丈夫です」の同義とみていい。強敵相手にジャンヌの切れ味が
どこまで通用するか、期待したい。

乗峯先生もよく書いている飯田君の人柄や言動ですが
この記事でも(最後の四行)しっかり現れていますね!


(こちらは日刊スポーツ)
【秋華賞】
<秋華賞:追い切り>

ローズS3着からの前進を期すキョウワジャンヌ(飯田明)は坂路単走で最終追い。飯田騎手を背に
4ハロン54秒9-12秒7で駆け抜けた。鞍上は「馬場が重くて少しノメっていたけど、55秒と言われていた
ので指示どおり」と合格点。「本番でも馬場は軽い方がいいと思う。距離延長は必ずしもプラスではないけど
小回りの2000メートルなら」と本番での好勝負にも期待を寄せていた。

コメントからも、小回りがむしろいい方に出るかもしれませんね・・・
[PR]
Commented by ナッツ at 2011-10-13 05:48 x
先週、レディーメグネイトの的中券で土日京都へ行きます。
しっかり応援してきますね。
シンゼンレンジャーも!
Commented by enokama at 2011-10-15 00:17
>ナッツさん
的中おめでとうございます!
当り馬券で現地に行けて、またこちらでも勝てたとしたら最高ですね。
「勝てそう」から「勝てる」って雰囲気も出てきているようにも思います
by enokama | 2011-10-12 23:30 | 競馬 | Comments(2)