エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

くだらないバラエティ番組なぞいらない!

司会者の島田紳助が引退を発表しました。
ほとんどネットの情報でいろいろ知ったんですが、横並びで内容のない今日の各局の長時間のテレビ報道にも
批判が出ているようです・・・
「報道の自由」とか言って、都合の悪いことは避けるくせに(日曜日のことも)
どうでもいいようなこと(今の政局)とかダラダラと流すわけですな。
前原なんか総理になってどうすんねん。
群馬のダムの問題もかき回して(結局どうなったの?)外務大臣もなんか中途半端に辞めてたわな。
今まで政治家として、何を実現してきたって言うんだ(石原慎太郎の息子あたりにも言えることだけど)


紳助についてはブログを始めたころに書いた記事ですが(→ここ
僕の歴史趣味に入って行ったきっかけでもあったんです。
彼を「文化人」的なイメージ(サンプロとかバラ珍とか世界がお呼びですのころ)を作ったのは、当時の
マネージャーの辣腕らしくって、それこそ「安易なバラエティ番組」はお断りしてできて行ったという。
それが今はドラマ、時代劇、ドキュメンタリーの枠をつぶしては「安物のバラエティ番組」の連発の時代。
紳助の番組で終わってもったいないのは「鑑定団」くらいでしょうか。
理由はよくわかりませんが(相撲のことでもそうだけど「暴力団排除」って流れに乗せたような)
身を引くいいきっかけのようにも見えます。


最近見たテレビでは、NHKの土曜日の「富士山特集」、月曜日の「ローカル線」、火曜日の「京都すごろくクイズ」
出演者も「ひな壇」タレントでほとんどしゃべらないとかはなく、それぞれのキャラクターが生かされていたし
ロケのリサーチもしっかり下準備がしてあって楽しめました。
民放だったら、どこかの店に入って宣伝で終わってしまいますからね・・・
紳助も昔、NHKと喧嘩してからあまり出られる立場ではなかったんですが
「しっかり作りこんだ番組」でやれたら(一時期流行った「歴史番組ブーム」の頃にでもパネラーで
出て欲しかった)とも思いますが、もういいかもしれません。。。

さて終わった番組の後の企画も各局のお手並み拝見ですが、期待はしてません。
日曜日のデモを単なる「韓流叩き」として見る人は「デモするまでもない、見なけりゃいいだけだ」
(根本はそんなレベルの問題ではない)って言ってましたが
まさしく「テレビから放さない」ってことでも今回は正念場とも思います。
[PR]
by enokama | 2011-08-24 23:45 | 総合 | Comments(0)