エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

テレビ局へのデモの意味

昨日のお台場のテレビ局へのデモですが、報道ではほとんどスルーされている中でいろいろ
くぐったんですが中々整然とした行動には感心しました。

韓国の報道は一通り見て「異常なネット右翼の韓国叩き」と報道されています。
でも決して僕は「韓国が嫌」っていうことではない。
今まで何回か記事にしてますが、普通にテレビや新聞を見てたら、明らかにおかしい方向に
行ってるんではないかと感じて、このままではこの国はどうなってしまうんだろうって不安感からなんです。

主催者(?)の人が言ってましたが、一番の問題は「偏向報道」ですし
右翼然とした人は皆無で、普通の方が行動しています。
その中で「反韓・嫌韓」のような行動(竹島関連のプラカードを持つとか)を見せると
その部分を切り取って報道され、たたの右翼デモにされてしまうから、控えてほしいと説明されていました。
それはこのデモの趣旨として、好感が持てることでした。

まあ、韓国の上の結果は当然として下の二件は数少ない日本の新聞の記事です



(スポニチ)
フジテレビが韓流ブームに偏向していると抗議しようと、インターネット上で呼びかけあって集まった
約4000人が21日、東京・台場でデモ行進を行った。台場ではフジ主催の屋外イベント
「お台場合衆国2011」が開催中。家族連れでにぎわった会場は、100人以上の警察官が警備にあたった。列は日の丸を掲げ、フジ社屋前で「偏向報道をやめろ!」「日本を返せ!」などと絶叫。
代表者が抗議文を局側に渡そうとする際、警備員ともみ合いになる場面もあった。

小学4年の長女を連れてきていた春日部市の主婦(44)は「子供は怖がるし、身の危険も感じた。
せっかく楽しみにしてきたのに残念」と話した。

(報知)
フジテレビが韓国の番組を多く放送するなど番組編成が偏向しているとして21日、東京・台場に
約4000人(主催者発表)が集まり、抗議活動が行われた。放送局へのデモとしては異例の
大規模なものとなった。抗議活動は7日にもあった。
一団はフジ本社周辺で「韓国の番組を放送するな」などと抗議の声を上げた。一時、街宣車も参加し
騒然となった。代表となった30代の男性会社員によると、今後はテレビ局を管轄する総務省への
抗議活動も検討しているという。


まあ、カスみたいな記事ですね。
「偏向報道」に対するデモなのに根本的にこういうことではね・・・
デモって言うのは許可を取ってやっていて、警官が先導することによって行動をするんです。
「身の危険を感じた」そんなはずないでしょう。
コメントもそれぞれの肯定否定意見を乗せることが、報道として当然でしょうが。
怖い異常集団には近よるなって言いたいんですか?
行動は起こしてはだめなのか、ちゃんとした世界中での権利でどの地域でも起きていることでしょう。
街宣車は右翼煽動に見せかけるための妨害らしかった(主催者とは無関係)のですが
その関与をうかがわせるような記事にも見えます。
あと今週末に大阪でもデモがあるらしいですが、デモを繰り返してるプロの方々で
(パチンコ反対とか)中之島でいろんな種類でやっている(中核派とか)一環のようです。
まあこちらこそ「ネット右翼」って方のことであって、今回のテレビ局のデモと同じではないし
別に地元だからって行こうとは思いません。。。


あと今日あたりの報道は「政局」そしてまた、例のごとく小沢叩きになるでしょうが
今回は今までで一番「目くそ鼻くそ」のメンバーですね。。。
それよりこの空白で、経済大丈夫なのか。
本当、対応次第で莫大な損失をすることにもつながりかねないんだぞ。
こんなことしてる場合か!
まあ、もうテレビなぞほとんど見なくなってますけどね。

(追記)
今週の週刊文春には記事が載っていました。
まあ「デモするまでもない」ってことで、日本の衰えっぷりも嘆いたよう内容でもありましたが。。。
本質はあくまで「偏向報道」が問題で、韓流の実力うんぬんの議論はどうかなと思いますが
黒金ヒロシ氏の「韓国の時代劇を何本もやって、日本の時代劇をなくしてしまうことは
日本人は自国の歴史を知る機会を失い、隣国の歴史ばっかり詳しくなるというおかしな状況になる」
と言う言葉は重く感じます。
また韓国の新聞社ソウル局長の言葉では「日本人は文化と思想は別」と言ってますが
それに洗脳されつつある幼稚な思考しか、持たなくなる危惧も多分にあるとも思います!

テレビも今世紀になってから「高利貸」「パチンコ」「特定宗教」のCMに偏って行って
それらの広告主に対する批判や問題ってのは、表立ってできないのは目に見えています。
今回はそれに「商売」ありきですし、露骨ってことも反発を呼ぶ一因だと思います。。。
[PR]
by enokama | 2011-08-22 23:24 | 総合 | Comments(0)