エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

品川台場めぐり

少し前に行った記事です。雨中で映りは悪いです(土砂降りでありました 泣)



飛行機で、羽田に着いて「お台場方面」って書いたバスに乗り
よう場所がわからないので、なんとかホテル前で降りて砂浜を歩くと見えてきました・・・
f0010195_22224.jpg

けれど台場本体までは遠くって20分以上歩き、たどりつきました。
f0010195_23132.jpg

f0010195_233894.jpg

品川台場はペりーの来航(→こちら)で「また来年くるからな」ってことで去った後の
翌月の嘉永6年(1853)8月に着工され、1年3か月かかって6か所の海上台場と、のちには御殿山に
陸台場も設けられました(大坂の天保山同様、これで景勝地が失われるきっかけになるんですね)
大急ぎで江戸防衛のために設計された砲台(台場)の跡です。
伊豆韮山代官の江川英龍が使命を受け、昼夜決行で5千人を動員して工事して
次のペリー再来日までに作るって腹もあったようだけど、7か月後にペリーはきてしまったんで
全然間に合わなくって、当初の11か所の計画から6か所に留まりますが
開国の流れは早く、本来の目的で使われることはありませんでした・・・

まあ、江戸時代はそうなんだろうけどしっかりとした普請であります。
そりゃ何千人でかかっても、時間はかかるでしょうね・・・

海面から10m摘まれた石垣でその内部は、5mほど堀りくぼめられていて
この中に兵舎や弾薬庫が設けられました!
見える木々は黒松で補強の意味もあるのでしょう。
第三台場は公園として整備され、陸続きで内部まで行くことができます。
f0010195_2125033.jpg

f0010195_2183764.jpg

この大砲は実際とは違った据え付けになっているらしい(レプリカ)
f0010195_2132965.jpg

向こうに見えるのは当時のままの第六台場
f0010195_2135194.jpg

こちらは当時のままで保存されています。でも悪く言うとほったらかしで状態は悪いらしい・・・

次に芝方面に渡る水上バスから
f0010195_21743.jpg

石垣の積み方が縦向きと横向きで違うんですね。
ブラタモリでもやっていたけど斜め積みが元来の日本方式で、整然とした積み方は西洋式。
当時からそうなのか、改修して変わったのかはわかりません。。。

あちらはあの放送局で、開発が進んだのが1985年ぐらいからで、それまではまだひっそりとしていたようです。
f0010195_2175698.jpg

ちなみにあとの台場は埋め立てで消滅したり、航路に支障があるとして無くなっています。
この後、船で芝・三田(みた)方面に向かいます。。。
[PR]
Commented by ノブ at 2011-08-19 17:31 x
お久しぶりです。いつも見ていますが、おっしゃる通り、今のテレビなどマスコミは、本当に嫌になりますね。韓国の報道も、なんでもありで、後は、下品な芸人たちの番組ばかりで、水戸黄門も無くなるし。
 それに、過度の放射能汚染の報道。ローマなど2マイクロシーベルトもあるというのに、0.01とか言って放射能汚染を過度に報道。
それに、各局、まったく同じ内容の放送。
 それを利用されて、外国の商品の宣伝と。衆愚の先頭を今、マスコミが走っている。
 お笑いも韓国の報道も少しは良いですが、度が過ぎて。
 それはそうと、本は売れてるかなと。
秋には庄内地方に行きたいですね。それと、山形の長井市にも行こうかと。
 では、また
Commented by enokama at 2011-08-20 00:34
>ノブさん
まあテレビも、まともには見てませんけどね。
なんかみんなで寄ってたかって「韓国の宣伝」に走ってる現状は異常です。。。

本はおかげさまでほとんど完売です!
by enokama | 2011-08-18 23:42 | 江戸散歩 | Comments(2)