エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

このままじゃ日本は無うなってしまうがじゃ

少し更新、間が空きました。。。

もうこの猛暑で、参ったこともあります。
ボーナスも・・・やったし(泣)
節電やら言うけど、体は持ちません・・・冷房はさすがに必須です。
電力は足らないのか?余ってるのか?どっちなんだ!

無理して体調崩すより、しっかり維持して、しっかり仕事して税金を治めることが
今は一番、大事でしょう。
何が何でも「脱原発」で、我慢する人は勝手にしなはれ・・・


しばらく時事ネタはしてなかったんですが
テレビや新聞はもう強い所には逆らわず触れず、後ろ盾のない弱い者ばっかり責め立てる。
ひどいもんだし、信用できない。
報道すべきことをせずに、どうでもいいことを執拗に伝える。。。

あと震災以後に、特に目につくようになったんだけど
朝からK国の整形機械人形のゴリ押しなんて気分悪いわ。
どこがいいのかわからない…感情が伝わってこないって言うか。
番組もあいつら出てたら、俺はすぐ消すけどおかしいですか?
また自国の歴史を学ぶべき時代劇はまともにしないくせに、K流で昼のほとんどの番組
を埋めてる所もある。

日本にこれから、しっかりとした有望な俳優っていますか? 
作曲家って職業は無くなったのですか?
太秦の時代劇の技術伝承なんて、できているのでしょうか?

自国の文化を育てるのも彼らの役割だと思うけど、何にも見えてこないです。


表題は、去年「空前のブーム」だったらしい人物の決めゼリフです。
もっと幕末を知ってもらうチャンスだったのに、このセリフで何もかも台無しにされた・・・




「このままじゃ日本は無うなってしまうがじゃ」
主人公が薩摩や長州の人物を見下すように連発された言葉ですが
西郷も大久保も木戸も岩倉も、慶喜も小栗も榎本も何万と言う人たちが「危機感」を持っていた。
あんたに改めて言われる筋合いはないって言うねん。
だからこの主人公様が亡くなっても、列強に干渉されない近代国家ができた。。。

それに歴史で言えば、最近も「龍馬暗殺」ばっかり、相変わらずなんだけど
やはり好戦家の西郷や岩倉が「平和的な変革」を望む邪魔者を消したって結論になるんですよね。
そしてD氏なんて、そうしてできた明治政府でさえ否定的なことを書きよる。

幕末の徳川幕府も海外の圧力に対して、良く対応した部分も多い。
長州の一途な回天への思いも素晴らしい。
そして、海外とのつながりをうまく持ち幕末の局面をリードした薩摩。
僕はそれらの史実と、関わった素晴らしい人物がたくさんいるからこそ興味を持って
調べられるんです!

だから江戸幕府以前を「抑圧的な封建制度」って決めつける輩や
明治政府を「力で作った政府で偏向な人事が多かった」って、批判ばかりするような歴史観は
間違っていると思うんです。
(僕は「誰々が亡くなって残念だ」とは言うけど、一方的な批判は避けるようには努めているつもりです)
明治政府も薩長閥が突出してるように思われるからそうなるのだろうけど
やはり優れた人物は、他の地域よりも多かったのは認めないとならないし。
今にも生かせるような施策や改革あたりを、じっくり学ぶことで「教育」は成り立つんじゃ
ないでしょうか?

200年ほどたっても「怨敵」呼ばわりにされる所も国内にあるけど、もう戦後世代同士の交渉にも
なっているだろうに「戦争責任」を未だにチクチクと政争の具にするような
弱腰外交はもういいんじゃいですか…
僕だったらロシアに行って「榎本と黒田」を熱く語ることでも「北方領土交渉」にプラスに
ならないのですか。そんな甘いものじゃないんでしょうか?


最後に本当に「この国が無うなってしまう話」 国内企業は、もう海外にどんどんシフトしていきます。
今の経営者に「日本で育てる」って気概の人はもういないでしょう。。。
被災地に工場を建てたらって思いたいけど、現実は韓国・東南アジアにどんどん移っていくのです。
利益も海外からだし、株主もそうなって行くから「グローバル化」の時代では
そうならざるを得ないんでしょう。残念ですけど…
極端な話で、市場から言って、僕の会社も製造は海外に移してもおかしくない話で
そうなったら腹くくって、海外に移ってしまうかってことになるでしょうね。

どの国で「ビジネス」をするか?
これこそ政府財界企業一致しての、ロビー活動なり、税の減免なりの営業であって
そのシステムが韓国にあって、日本にはないんでしょうね。
一番は「政治」が悪いんですが、今の政府は知らぬ間に「社会党政権」になっていますからね。
会社経営や会社勤めしたことがある人も、ほとんどいないんでしょう。
組織なんて崩壊しきってるのが「責任をとらない上司」に「声がくみ上げられない組織」
一般の感覚では理解できないです。でもあいつらは全然平気なんだ・・・
「会社って何」かわかっていない政治家ばっかだから、企業からしても日本政府は信用できないし
魅力がない。
だから、海外の受け入れ体制を見たら良く見えるし、移転する。

昔は「地方の名士」で成功した人が、政治家になってたりしたそうだから
それなりの対応やプロセス作りもできたのだろうけど
今は「ぶち壊せ」やら「反対」って言ってきた人が中枢にいるのだから
何にも生み出すことができないし、危機にも対応できないんだ!

人も大事だけど、その人を支えるのはやはり「雇用」で企業も大事だと思います。
そして政治家にしろ、国民にしろ、もっとしっかりとした歴史を知ることによって
過去うんぬんよりも、これからに生かせる考えを持つことが大事じゃないでしょうか?
「韓国、韓国」で囃し立てるよりも、実際住んでいる自分たちの国の「危機感」を
それぞれにしっかり持っていないと、本当に乗っ取られ、この国はなくなってしまうぞ!
[PR]
Commented at 2011-07-14 09:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enokama at 2011-07-18 21:45
>鍵コメさん
実は辛口の記事の方が、案外気持ちいいって
結構言われます(笑)
でも、本当に納得できるような文章(記事)や
的を射たコメントがまったくないんだから
困ったもんなんです・・・
by enokama | 2011-07-13 22:34 | 総合 | Comments(2)