エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

ドバイワールドカップ、日本馬1・2!

競馬はしばらく、小倉開催も延ばして(でも観客が少なすぎ…)
関西に関東の厩舎スタッフが出張しての開催が続きます。
本当に関東馬は輸送やアウェィのハンデもあるし「西高東低」の勢力図が言われて久しいですが
なんのその、関東馬の善戦も予想以上だし、レース自体も最近は騎手がエージェントによって騎乗が
割り振られて、同じメンツばかりのたるいペースが相変わらずだったのが
いろんな騎手が集まっているので、多くが先行できる馬はしっかり行って
レースの形ができて、見ていて見応えがありますね。。。

そんな中、ドバイワールドカップは日本馬のワンツー(→ここ)で見事に決まりました!
藤田伸二が独壇場の札幌で打つような逃げが、よく世界の場ではまったな…
とも話していたんですが(笑)
二頭とも、本当に日本のレベルの高さを知らしめてくれたなと思います。。。
世界に向けてもいいアピールになったと思います!

また先週は、阪神競馬場で行われた「高松宮杯」に行ってきました。
f0010195_13261.jpg




開門は8時半だったんだけど、やはりG1の観客の流れでした。
でもタレントや競馬記者がよくする、昼休みのイベントはなしで、レースのファンファーレも控えめ。
レース自体はジョーカプチーノの不利はほんと気の毒だったけど、キンシャサもサンカルロもいい騎乗で
初めて見る、この舞台でのスプリンターのG1は迫力がありました!
馬券はこの時までで、顔はすでに青ざめていたですが(横典から入ってたから 苦笑)
最終でいつもお世話になっている酒井馬券と、12R ・毎日杯で上位三頭の3連単BOXをやけくそで
買ったら、それぞれ当たりまして(一番配当のつく組み合わせだった 笑)
気持ちよく帰ることができました。。。
もちろん、義援金はしっかりしてきましたよ(レース自体も復興支援レースです!)
ほんと自粛が多くって、行事がなくなって行ってる中で
今、できる範囲で競馬が行われているのはいいことだと思います!


最後に前記事にした(→ここ)乗峯先生のコラムですが、木曜日の週一連載となりましたが
継続されて、相変わらずのノリで続いています。
2月にはいろいろメールをいただいて「継続嘆願のメール」を送るなど、打開策を考えようと
されてましたが、僕自身が2月は仕事多忙と原稿書きで手一杯だったんで
行動に移すことができずに、すいませんでした。。。
まあ、その後のスポニチ紙面ですが、二十年来の読者からして
先生のコラムのスペースが、以前にはなかった「東京記者の印」に充てられているのは正直
どうかな?と思います。
せいぜい印は5人ぐらいでいいんじゃないの…前はどこともそんな感じでしたし。

他の競馬面以外も、たぶん経費的な面もあるんだろうけど「阪神情報」以外は東京本社の編集
と共通となっていて(「芸能」も関西ローカルネタが減っている)
「関西スポニチ」っていう関東には見られない独特のスタンスが
(東京スポニチとは「まったく違う紙面」と言っても過言ではなかった)
プロ野球の在阪球団が減ったこともあるだろうけど「らしさ」が消えて寂しいし
わざわざ選ぶって事も正直、減っています(最近は日刊で競馬予想してます)
今回の「プロ野球開幕問題」でも記者が意見するってよりも「ファン・選手が言っている」か
コラム陣がはっきり物申しているのに比べて、何やってんだかと思います。
そのあたりは自由に見えて、はっきりとものの言える状況にない「日本のマスコミ」の病巣
の一つでもあるのでしょうけど。。。
[PR]
by enokama | 2011-03-29 23:10 | 競馬 | Comments(0)