エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

京都御所の幕末史跡

京都御所(国民公園 京都御苑)

往時は御所を中心に南北1300m・東西700mの地域に
約200軒の公家屋敷が立ち並んでいました!
こちらも幕末の数々の事件の舞台となりました。。。
f0010195_22423368.jpg

堺町御門
f0010195_2231423.jpg

当時は唯一の南へ抜ける門で、南へ行くと堺町通となります。
禁門の変では山崎(→ここ)に陣を置いた、真木和泉・久坂玄瑞らの軍勢が
堺町御門に迫り、守りを固めた越前福井藩兵と衝突する(福井藩が祀った首塚→こちら
f0010195_22405526.jpg

門の内側、左手(東)の方向に鷹司邸があって
福井藩に加えて、薩摩・会津・桑名等の援軍が来るに及んで劣勢となった
長州勢は元来、長州贔屓だった鷹司邸に立てこもるも
久坂・入江九一・寺島忠三郎らは自刃し(→関連記事)ここに撃たれた大砲によって火災がおき
「ドンドン焼け」と言われる火の勢いは、市街地の大部分を焼き、六角獄の悲劇にもつながった。
逃げ落ちた真木和泉も天王山で自刃する(→ここ



九条邸(拾翠亭・しゅうすいてい)
f0010195_22582752.jpg

堺町御門を挟んで鷹司邸の西側にあったのが九条邸で、こちらからの攻撃も激しかった。
今に残る数少ない当時の遺構で、離れが残されている。

蛤御門
f0010195_2332126.jpg

嵯峨・天竜寺に陣を置いた国司信濃・来島又兵衛は、西側の蛤御門に殺到
薩摩を中心とする軍勢と、この戦い一番の激戦地となるが、猛将・来島は討ち死にし
退却する。

猿ヶ辻
f0010195_23115916.jpg

御所(禁裏)の北東角で、鬼門除けとして角が落とされ
屋根瓦の下に猿の木像が置かれているが、傍からは見えない
f0010195_23122185.jpg

今は広々としているが、当時は屋敷が立ち並んだ薄暗い路地だったそうで
このあたりで、三条実美と並ぶ尊攘派公卿として、志士の羨望の的だった姉小路公知の暗殺があった。
開国派に転向したと疑った、人斬り・田中新兵衛の犯行かとも言われるが
真相は定かではない。
[PR]
by enokama | 2010-12-14 23:18 | 私の好きな京都 | Comments(0)