エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

天王山~禁門の変の現場を歩く その2

天王山を登る

最初はこの地域らしい竹藪(江戸初期は松の山だったそう)少し急です!
f0010195_2318425.jpg

でも足が慣れたころには緩やかになりますんで、がんばってください。。。



25分ほどで見晴らしのいい旗立松。
山崎合戦の地でもあります(山頂には明智の城があった)
三川合流は年代によって、姿を変えて行ってます!
f0010195_23232340.jpg

f0010195_2323036.jpg

f0010195_23241850.jpg

男山(石清水八幡宮)方面
f0010195_2323516.jpg

樟葉(淀川対岸)方面
f0010195_23264858.jpg

このあたりに「樟葉台場」があり、今も遺構が多く残っています!
こちらはちょうど、大坂湾にロシア船が侵入してから危機感を持って
今後、異国に京に攻め入られないようにと、警備の名目で会津藩が作った砲台ですが
実質、海洋を渡ってきた異国船が川を上ることなど(浅いし)ないので
併設された関所としての役割が主でありました(京都守護としてのアピールと、長州の牽制が目的)
今後、貴重な遺構として整備が進められるとの話でした。

そして10分足らずで「十七烈士の墓」
f0010195_23361242.jpg

この地に立てこもった真木らに対し、山麓の宝積寺(後述)の僧侶の案内で
会津兵の掃討部隊が入りますが、十七士はことごとくこの地で切腹して果てた後でした・・・

真木の墓
f0010195_2339486.jpg

十七烈士の一人・宮部春蔵(肥後・熊本藩)は、あの宮部鼎蔵の実弟です。
また長州兵がこの地で割腹していないのは、真木が再起を願い
できるだけ落ちのびさせたからだそうです!
こちらに残されている碑文は「大宰府の五卿」の三条西季知(すえとも)と、烈士の一人で
尊攘活動家だった池尻茂四郎(久留米藩士)の父・茂左衛門の手によります。

山頂まではあと15分ほど(城跡)ですが、今回はここで引き返します。。。

宝積寺
秀吉の時代に整備された伽藍で、この幕末にも付近の寺院の中では数少ない
焼け残った寺で桃山様式を今に伝えています・・・
前田利家の立会いで、秀吉と柴田勝家の会見も行われたことがあります。
禁門の変の際、前述のように掃討部隊の案内をした経緯で、焼かれなかったのかもとのことでした。
f0010195_2346016.jpg

三重塔と本堂は秀吉時代のもの
f0010195_23461780.jpg

f0010195_23464269.jpg

以前はこちらにも、十七烈士の墓があった可能性もある(三重塔の下あたり)
f0010195_23491298.jpg

紅葉がきれいでした!
f0010195_23494460.jpg


なかなか景色もよく、歴史の重要な舞台で気軽に訪れることのできるコースは
とてもよかったです!
学芸員さんもベテランで、とても詳しく、いい話を聞くことができました。。。
なかなか、今は「仕分け」の時代で(苦笑)資料館にもなかなか予算がでないと
言われてましたが、歴史の宝庫である山崎での研究・顕彰の拠点としての役割は重要だと
思いますので、ぜひ皆さんも訪れて触れていただきたいです!
[PR]
Commented by ミケ氏改めミケ秀 at 2010-12-19 14:24 x
このイベント、行こうと思いながら
引越したりしてバタバタするうち忘れてました(汗)

大山崎、天王山…遠足なんかで関西人には
お馴染みの場所ですね。
もう一度しっかり史跡巡りしたいです。
エノカマさん、今度ツアー組んでください♪
Commented by enokama at 2010-12-23 02:40
>ミケ秀さん
そうですね、光秀ゆかりでもありますしね・・・
取りあえず、僕は霊山歴史館のイベントで
2月にもう一度行きますんで(笑)
また、問い合わせてみてください!
by enokama | 2010-12-02 23:56 | 歴史連載 | Comments(2)