エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

鳩山君、簡単に辞めるなよ!

えっと・・・あまり
僕は新聞やテレビのニュースも見ないんですが(めざましテレビぐらい)
この人たちの言う「国民の声」ってどんななんだろう(信用できないから見ないんだ)
結局「辞めろ、辞めろ」って伝えて、辞めてもらったらこの人たちの勝利なんですね。。。
なぜ、辞めなきゃならないのかは僕にはわからないし
支持率も落ちるだろうという時期を見計らって、調査もするんでしょう。
なんか世論を誘導するって感じですよね。

昨年の衆議院選挙の結果って「政権交代の実現」だった。
ころころ1年、2年で頭ばっかり変えて、政策もじっくり腰据えて出来てなかった前政権には
うんざりして「一度、変えてみよう」って事だったんです。
そして現実は自民党の支持組織の切り崩しと、前政権と同じように選挙にむけて「体面が悪い」
場合は同じように簡単に任期に関係なく、頭を変える・・・
いい勉強になりましたやん。。。
とりあえず「政権交代」で結局、大差ない部分もあるってことで。
マニュフェストも100%できるとは誰も思ってなかったけど
実現に向けた努力は一応認めるし、事業仕分けの方もやらないよりは、やる方がよかった。
一票は重いんだし、もっと早急な結果を求めずに見守るのも大事じゃなかったか?
それは選んだ方の責任でもあるんだ。

それと対外的(外交)には格好悪いことですよね。
そら、中韓にもなめられるわ。
あと、文句言うよりも選挙で選んだ政権なんだから
有権者の自覚も必要ですよね。

あと、ずっと付いて回る「カネと政治」ですが
それより今は「仕事ができる」ってことの方が大事だと思うんです。
国益から考えると田中角さんが長期政権だったら、もっといい方向になってただろうし
亡くなった松岡さんも「族議員」って批判されてたけど、裏返したら施策に精通してたってことだし
今の馬鹿よりもずっとよかったでしょう・・・

「普天間」もタブーにせず、結果これだけ議論できたのはよかったのでは・・・
わかったのは、移転先はどこになっても「猛反対」するってこと(実際はそうでもない面もあるらしいが)
沖縄も何度も決起集会してるけど「反対」の声だけじゃなく、実際に現状をアメリカに直談判するとか
(やってて、伝わってこないってことかもしれないけど)
後は「国防」は必要って認識があるんだったら、赤字垂れ流しの空港に誘致する(大阪は言ってるけど)
議論もOKでしょう・・・

報道もあたりさわりのない都合のいいことしか伝えないんだ!
野中さんの言ってた「国家機密費」の問題や
前連立政権某与党の支持母体と暴力団の癒着の問題なんて、テレビや新聞は伝えますか?
明治期の新聞はそれこそ、命がけで取材し真実を求めていた(実際、命を落とした者もいる)
そんな時代ではないんですね・・・・


さて、参議院選挙はどうしましょう?
僕は前から谷垣・自民党総裁は好きな政治家で(→記事
本来なら、だれが実際に議員になるのか見えない「比例代表」よりも
政党にこだわらず、人物で選びたいんです。。。
今、丸山弁護士とか横峯パパなんてちゃんと仕事してるんだろうか?
今回の2流の中途半端なタレントがいっぱい出ますよね。もううんざりだ!
てか参議院ってほんまに必要なのかな?(二院制について関連記事→ここここ
[PR]
by enokama | 2010-06-02 23:20 | 総合 | Comments(0)