エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

堺事件・土佐藩十一烈士~妙国寺の切腹

2月23日、二十士の切腹の日となった。
彼らを預かり、切腹の場・妙国寺まで警護の任についたのが、西国の雄藩である肥後細川家と芸州浅野家。
中でも細川家はあの元禄・赤穂浪士や幕末の井伊大老暗殺犯の水戸藩士を預かり、丁重に武士道を持って接した実績もあり、新政府の配慮も伺いしれる。

妙国寺は堺きっての皇室の勅願寺であり、由緒ある大寺であった。
立ち会ったのは土佐藩家老で元来勤王家であり、その領地・佐川からは多くの勤王志士を輩出した深尾鼎。
かつては武市半平太の土佐勤王党に同調し、その獄の際は山内容堂の逆燐に触れ、「苗字帯刀召し上げ」の限りなく極刑に近い処分で長らく謹慎していたが、時勢の変転で再び大目付の職に返り咲いていた小南五郎右衛門。あと一人が小目付・谷兎毛。
そして細川・浅野家重役、外国事務局判事だった五代才助らの姿があった。
f0010195_0481065.jpg

f0010195_0484035.jpg




一番最初に腹を切った隊長・箕浦猪吉の話はよく伝えられる話である。
十文字に見事に腹を切り異人を睨みつけ、その腹中の臓腑を投げつけようとしその行動を見た介錯人は、あせって一太刀で首を落とせず凄惨な情景になったという。
また切腹を許されたとは言え、続いた隊士らは足軽上がりであり(本来は切腹は認められない)その作法・介錯も不徹底であり、余計に凄惨さを増した。

そして十一人目の柳瀬常七の切腹が終わると、よく語られる堺事件の土佐系の伝記では「日本武士の魂・凄惨さにたじろいだとも」書かれるが、見届けた当事者である仏軍艦艦長プチトアールの伝記では(明治三十九年)やはり「(フランス人犠牲者の)十一名で打ち切り、残り九名は寛大な処置とする」とする記述が書かれている。(「堺港攘夷始末」)
しかし事件当時から、その人数から「報復」との批判も受けることとなり、判断の理由は長らくあいまいにされていたものだったのであった。
(実際にこの事件を聞いた英国人アーネストサトウはその手記に、当初はこの判断は報復のためとしたが、のちに「日没」のためだったと訂正をしている)
プチトアールより、この切腹の場を取り仕切った立ち会いの五代才助へその意向は伝えられ、さらに五代は土佐藩家老・深尾鼎に告げるも
「皆覚悟を以てこの席に臨んでいる。事同して死生を異とすれば、何の顔あってか死者の家族に合わす顔がない。その死を免じられることは志士の恥じることとなる。皆潔く腹を切らしてやってくれ」
対して五代は「彼に於いて既に足れりとあれば、強いて死を及ぼす必要はない」と答え
深尾は「ただ万一フランス本艦において、再び死を促す動きがあれば我が国の顔を潰すこととなる」と問う。
この現場将校の判断に、フランス公使の承認が確かに得られる保証がないならば、予定通りに腹を切らせてほしいとの思いであって、ただちに五代は仏軍艦べニス号へ向かい、その異議なきを確認し、残り九人の切腹は正式に中止されたのであった(一応、この判断に関しては五代から進退伺いも出されたが不問とされている)
そしてこの出来事は日本人の「ハラキリ」が世界に伝えられるきっかけとなった。。。


慰霊碑。左が土佐藩士で右がフランス水兵。
f0010195_1101021.jpg

百年祭も行われたようだ。
f0010195_1105824.jpg

今日は寺の北側に門があるが、昔は南側が正門でもっと寺域も広かったそうである。
堺は昭和20年に大空襲を受け、この寺の大部分も焼けて大半が昭和戦後の建物。
この寺を後にして、付近を少し散策したのだが残念ながら、昔の港町・堺の風情はかなり失われている。
この碑は今の本堂の南側にある(蘇鉄も南側)が、この向こう側にあるお墓のあたりに当時の本堂があって、そのさらに南側の庭にて切腹が行われた。


戦国時代の妙国寺は徳川家康、織田信長の関わりもあって
この「妙国寺の大蘇鉄」は樹齢千百年余りと伝えられて数々の言い伝えも残してきた。
そして織田信長の全盛期、安土築城に際して、この蘇鉄を移植したのだが夜な夜な「妙国寺の帰りたい」と言う怪しげな声が城中に響き
怒った信長がこの蘇鉄を切ろうとしたところ、切り口から鮮血が流れ恐れをなした信長はさすがに、元のこの場所に戻したと言う。
f0010195_122113.jpg

あと本堂に宝物が保管してあって、この土佐藩士らの遺品も残されています。
僕の行った日はちょうど案内の人がおられて30分ほど説明を聞いたのですが
ガイドブックによっては(要予約・要確認@400 拝観時間は10~16時)となってますので
行かれる際は、あらかじめ電話で確認していただきたいです。
場所は南海高野線・堺東駅から歩15分、南海本線堺駅から歩25分ほど。
路面電車は「妙国寺前」がありますが、そこからも結構歩きます。
あらかじめ場所は地図で確認してからの方がいいでしょう。

堺事件 その1その2その3その4

[PR]
Commented by applepeach at 2010-02-28 23:44 x
エノカマさーん。今度ぜひ案内してください!
そうなんです。最後に書いてらっしゃるように「あらかじめ場所は地図で確認してから」行くべきですね。今日は「堺東駅まで行けば何とかなるだろう」と思っていったら、全く分からず。。途中で4人に聞いたのですが分からず。。。あー残念。
Commented by enokama at 2010-03-04 00:07
>applepeachさん
そうですね。
僕らからしたら貴重なスポットでも、地元に住んでいても
歴史に興味ない人だったら知らないって話は
しょっちゅうあることです(苦笑)
また次回ご一緒しましょう!
by enokama | 2010-02-27 23:03 | 大坂発見 | Comments(2)