エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

11月15日。京都・霊山で中岡慎太郎ファン集結 その2

(去年の記事→こちら

天気予報通り、すっきりと晴れた日となりました!
紅葉はまだまだって感じで、いつも思うんですが年々遅くなっている気がします。。。

去年の人出もあったので、朝早めの10時半にファンの方と合流。
この時間だと恒例の北川産の軍鶏を使った「軍鶏鍋」は、まだ仕込み中でした・・・
そして、この日だけの(龍馬・慎太郎)名刺で入って、両名の墓参をじっくりすませてきました。
結局は「よさこい」の学生さんの行列整理もあったようで、去年みたいな長大な行列は午後からも
見られませんでした!


北川村の本隊は1時ごろ到着とお聞きしてましたんで、合流するまで霊山歴史館を見学。
岩倉公関連の資料が多数出されていて、香川敬三「草莽姓名録」は五卿随従士中心で土方久元・
石川誠之助・・・と言った並びが新鮮でした。
岩倉なので徳川討幕に関する密勅などは生々しいものです。
後、印象に残ったのが天誅組で散った那須信吾の血染めの旗や、遺品の皮袋等はよく残されて
いたなと思いました。

そして、一番衝撃的だったのが土佐の上士で勤王党に走り「五十人組」の代表になりながらも
問題児だった宮川助五郎が吉原遊女と、はべらかしている写真。
まあ、当時の武士からしたら、こんなだらしない場面をよく撮らせ残させたと思うんですが
そんな人間だったんでしょう(苦笑)
慎太郎の有名な笑顔写真も気にしてしまって、自ら女性は消してしまったことを感じると
人間性がよく出てますね。。。
のち戊辰戦争に米沢藩へ軍監(だったと思う)で赴任した宮川は、あの悪名高い長岡の岩村精一郎(高俊)
よりも、たちが悪く高慢だったと記録に残っているそうです・・・
一説には近江屋の龍馬と慎太郎の会談の理由が、この宮川の処置だったといいますが
わざわざ両巨頭が相談するほどの人物だったのだろうか。龍馬とは接点がないように思うし慎太郎の独断
で陸援隊に引き取ったらいいだけじゃないかと(実際、陸援隊の「高野山屯集」に参加している)
そんな宮川ですが遊びも祟ったのか?戊辰戦争の後、ほどなくして早逝してしまいます・・・

1時前に村の皆さんで墓参
f0010195_0503332.jpg

この後は北川村のテントの前にいたら、中岡慎太郎のことをよく書いてるブロガーさんが
集結していました(笑)そして顕彰会に揃って入会しました!
また顕彰会のHPができたら、それぞれリンクして連携もできて行ければいいですね。
私も顕彰会の窓口の一つを任されることとなったんで、また問い合わせください。。。

4時半に墓前祭が終わって、霊山で「龍馬伝」関連の地域(高知・長崎・鹿児島・山口)の方が
合同でキャンペーンをされていたんですが、境内での「よさこい」と一緒に京都駅に移動すると言うことで
我々も駅に行こうとしたんですが・・・今の時期の京都ですんで、この時間の南行きがマヒしてまして
(五条坂や四条は動いてなかったみたい。霊山からのバス移動が1時間以上かかったとか・・・)
なんとか裏道でタクシーを拾って、抜け道を行ってもらい30分ほどで行きました!

その京都駅前で
f0010195_0503313.jpg

f0010195_050336.jpg

今日(16日)の行程は改めて・・・
お世話になった皆さんのブログには、また訪問させていただきます!
[PR]
Commented by at 2009-11-17 21:51 x
お疲れ様でした。
エノカマさんやmixiのコミュの方達のおかげで
いい1日を過ごせました。
ありがとうございました。

念願の名刺をゲットできたのでよかったです。

また機会がありましたら
よろしくお願いします。
Commented by enokama at 2009-11-17 23:46
>桂さん
こちらこそありがとうございました!
楽しかったです。
これからもよろしくお願いします。。。
Commented by Aki_1031 at 2009-11-18 23:37 x
おおお!やはり行かれていたのですねー。
中岡の家紋が一瞬、庄内藩酒井家と同じに思えてびっくりしましたが、
「丸に綿の花」という家紋なんですね。
非常に珍しい、面白い紋だー!!
Commented by enokama at 2009-11-19 00:20
>Aki_1031さん
確かに酒井家にちかいですね(嬉)
中岡家の家紋は厳密に言えば「弾ける直前の綿の実」
だそうです!
いい家紋ですね。。。
by enokama | 2009-11-16 23:50 | 私の好きな京都 | Comments(4)