エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

「龍馬伝」 鞆を訪ねる~この景観いつまで・・・

今回、鞆に絶対行きたいとは最初考えてなくって、候補の一つにはしていたんですが
日程的に山口だけに絞った方が楽かなとも思って
袖解橋や湯田、鋳銭司あたりに行こうと(所さんの本墓もあるし・・・)決めかけていたんですが
「山口の史跡はずっと残るだろうけど、鞆は早いうちに行ける時に行っておいた方がいい」
ともいろんな方にアドバイスもいただいて、鞆に行くことにしました。
(結果的に今年の間に行けて、本当によかった)

鞆のメインストリート
f0010195_21363627.jpg

散策にはいい町だなと見えます。
整備された宿場町とかだったら車の乗り入れができなかったり、電柱もなかったりするんですが
ただし、こちらの道には車がたくさん通ります。一方通行にもなってません・・・(離合も困難)
そう、観光するのだったらバイパスさえ整備されていれば、そちらに生活車両が流れるので
安心してゆったり散策できるものです。
しかし、ここには今も住民の生活が残ってます。「○○家住宅」って他の地区だったら、観光用に
改装して見せたりするものですが、残っている江戸・明治期の住宅も、まだその多くが現役なのです。
メインストリートでさえ、この道幅にすぎず、江戸時代の古地図がまだすっぽりあてはまります。
それが「鞆」と言う港町です・・・
f0010195_2137960.jpg




常夜燈と、いろは丸記念館。
船着場は、階段状の石段の積み下ろし場・雁木が残っています。
f0010195_2137464.jpg

f0010195_21385283.jpg

各所で話題になっていることなんですが
湾の一部を埋め立てて、バイパスの橋を架ける計画は20年ぐらい前からあるそうで
最近、推進派の市長が当選し工事を早く始めたいとしてます。
僕は今からバイパスって言っても、人口減少時代に入って交通量も減って行くのに
下の写真のように景観を犠牲にしてまで、進めるものだろうか?と行く前は思っていました。
f0010195_2138866.jpg

前述の様に昔のままってことは、現代の車社会に対応する道路には、ほど遠いものです。
だから、住民にとっては不便を強いられている部分も多いでしょう。
まだ、今回は平日だったからマシだったでしょうが、休日に横二人ぐらいに並んで歩いて散策するのも
生活車両と一緒だったら、危険も伴います(ガイドマップにも注意が書いてある)
観光客の安全と生活者の両立、やはりバイパスは正直、必要だと感じました。。。

下の写真の手前を埋め立て、橋が常夜燈の向かって左手に架かる。
f0010195_21391546.jpg

皮肉にも進めようとした時期に文化人の景観保存運動が起き、観光客も増えていて
来年の大河でもさらに脚光をあびるでしょう。
「景観=住民の利便」のバランスの問題は、僕が考えてみてもとても難しいです。
実際、人口の流出が著しく「景観が残っても、住む人がいなくなってしまったら、どうしようもない」
との意見もわかる気がします。
しかし、景観が変わると「観光地」としての魅力はなくなります。
f0010195_21354653.jpg

トンネル案もあるようですが、肝心の道を使いたい地域の人に使いにくそうに思えます。
地元の人はいろいろ、くぐって見てもやはり賛成が多いようで、観光で来る外部の人だったらやはり反対
となってきます。

推進したい市のHP見ても、観光のPRはしています。
でも、工事中~完成となった後の青写真は描いているのでしょうか?
市長も自ら観光のPRはしているようですが、そのことに矛盾な点はないのでしょうか。
観光客が殺到することで、鞆町内の住民には「やはりバイパスは必要」って声が強くなるだろうし
官庁から地域住民が一丸となっての、受け入れ態勢はできるのでしょうか。
観光客からは「景観は守ってほしい」との声がさらに広がり、逆に対立は大きくなっていくかもしれません。
また「小樽運河」の例ように景観保存し生かして行くには、徹底した産業の「観光特化」への舵取りを
地域経済全体で考えていかないとダメでしょう。
僕の意見としてはやはりぜひ残してほしい。しかし住んでいる人の判断の優先は大事かと思います。
福山駅まではバスも多いし便利に見えてても、僕も地方に住んでいるのでわかるんですが、最近は
どうしても公共施設や買い物(イオン等のショッピングモールなど)は、車移動中心で考えられてしまいます。

なお、これから来年にかけて観光客が増えるでしょうが、生活している人がいます。
マナーは厳守でしょう。
また車も止めるスペースはあまりなく、イベント時等は渋滞もあると聞きます。
来年も混雑が予想されるので、バス等の公共機関を使ってください。
その行動一つでも、景観を守りたい意思の表れにつながると思います!
[PR]
Commented by わだん at 2009-06-27 00:13 x
せまい福山でこれ以上の利便を求めることはないと思うねんけどね。駅前に行くのだってそんなに時間かからないし。
観光客のためやったら山トンネルでいいと思うし。
Commented by enokama at 2009-06-30 01:01
>わだんさん
レス長くなりそうなんで、本文中に追加しました。
バスの本数も恵まれているほうだし、今のままでもといいと感じますが
そうもいかない部分もあるんでしょうね!
Commented by ゆずぽん at 2009-07-12 10:38 x
確かにむずかしい問題ですね。
これはどの観光地にも当てはまりますが、景観を護るためには
どうしても住人の方々の多大なる協力が必要とされますし、
不便をしいてしまう点も「大変だろうな」と心苦しくも有りますね。
真に「景観を守る事の意義・文化の大切さを」わかって
地域の協力体制が整わないと 中途半端な景観になります。
ただ、一度失くしてしまった景観は やはり戻らないことを思うと
もっと策は無いものかと考え込んでしまいますね。
Commented by enokama at 2009-07-15 00:59
>ゆずぽんさん
記事にも書いたけど、中々難しい問題です。
やはり地元の暮らしあっての町でしょうしね・・・
by enokama | 2009-06-25 21:39 | 歴史連載 | Comments(4)