エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ

「龍馬伝」 長崎を訪ねる  その2

長崎港の集合場所に合流。
今回はさすがに「龍馬人気」なのか、定員一杯の42名!
去年の西郷さんとは、少し年齢層が違って若い人が多かったです

まずは「出島」に向かいました。
以前、行った時は完全に埋め立てられた風情で「残ってるのは地名だけやん」って
わずかに地形に面影が残ってるのを感じたぐらいしか、印象が残ってないんですが
「出島復元計画」(→ココ)ってのが、進んでいるのはまったく知りませんでした・・・
ゆくゆくは四方に水路を通して、完全に扇形の「出島」を長期計画で復元するようです。

函館・五稜郭の「函館奉行所復元計画」などの例もありますが、最近の各地の歴史文化遺産への
取り組みは目の見張る物がありますね・・・
「開発一辺倒」からの政策転換でしょうが、これからの変化が楽しみです。
さすがにバス停車のスペースも確保されていて「ツアーでも寄ってください」ってことでしょうね。
この後訪れた場所でも感じましたが、準備は進んでいるな。。。

1636年に鎖国政策(異教禁止)の一環として出島完成。
1641年のオランダ商館の平戸からの移転後(→過去記事)後、江戸時代218年間、鎖国日本の唯一の海外への窓口
(従来の史観。今は長崎以外の交易もあったと教科書でも改められている)としての使命を担いました・・・
f0010195_22242452.jpg




向かって左側の建物(旧石倉)は当時の建物。
f0010195_2258138.jpg

旧出島神学校
f0010195_2343211.jpg

ボランティアガイドの方が結構多くいて、言ったら案内してくれます。。。


続いてグラバー園へ
まあ、しょちゅう来てたりするわけですが(笑)
f0010195_23115065.jpg

肝心のグラバー邸、撮ってなかった・・・
内部には天井裏の隠し部屋があり、公開されています(長州人を匿ったとか)
後、フリーメイソンの紋の入った門がある(らしい・・・未確認)
園内では結婚式もできるらしく、ちょうど見ることができました。

出口から、大浦天主堂にかけての土産街は昔から「格安カステラの販売」ゾーン。
とりあえず数ほしい時はここで買うべし。家には後で「福砂屋」を購入しました!
特色的だったのが「ココは京都か」ってぐらいの幕末グッズの充実ぶり・・・
(9割が当然ながら龍馬グッズ。でも僕はその中から未見の「慎太郎ステッカー」を発見、ニヤニヤ
しながら購入 笑)
天主堂の少し坂を下った所に「ボウリング発祥の地」の石碑があります(撮るの忘れた)
初めてしたのが龍馬だって話も聞いたことあります。まあ、確証はないですが・・・


グラバー園の後は「行こか戻ろか」長崎一の繁華街・思案橋でバスを降り、重厚な建築の福砂屋本店
の前を通って丸山(遊郭のあった所)へ

史跡旅館「花月」
f0010195_23365313.jpg

まだ現役で営業してますので、京都島原・輪違屋同様、見学だけとは行きません。
お昼は一万円ぐらいでいただけるそうなので、興味ある方は行ってみてください!
柱の傷の話はまあ・・・言ったもん勝ちですな。
f0010195_233879.jpg


しばらくここからはウォーキングで、小曽根(こそね)家墓地のある皓台寺へ。
隊に無断で洋行を企てたとして、隊規違反で切腹したとされる(他説あり)近藤長次郎の墓所があります。
河田小龍門下で龍馬と同門の関係で、彼の出目から(饅頭屋とされる)も武士と言うより商人気質の方
が勝っていたのかも知れない。
夢に見た海外への飛翔は叶わず、一生を終えました・・・
f0010195_235669.jpg

f0010195_2357484.jpg

この後は上野彦馬(幕末の写真家)邸跡(石碑のみ)眼鏡橋、小曽根根邸跡(石碑のみ)と歩き
稲佐山のホテルへと入りました!
f0010195_053058.jpg

稲佐山のふもとに福山龍馬の実家があります(表札見つけてください)
たしか、クールファイブ・前川清もこのへん。さだまさしは次の日に行った「亀山社中」近くの伊良林。

食事はしっぽく料理。
まあ、この旅行の特色ですが・・・趣味は皆同じなので話しは当然尽きません(笑)
焼酎にして、翌朝はすっきり目覚めました!

つづく
[PR]
Commented by てのひら at 2009-06-06 22:08 x
今日、霊山歴史館の土曜トークの後、喫茶店ご一緒させてもらった者です。
エノカマさんのブログを以前から拝見させてもらっていたのですが、まさかお会いできるとは思ってもみなかったので、
とても嬉しかったです。
お話もとても勉強になりました!

またお会いできる機会があったら、よろしくお願いいたします。
それでは失礼いたしました。
Commented by enokama at 2009-06-07 21:32
>てのひら さん
こちらこそ、名前は拝見してましたよ!
土曜は一方的に話すぎてごめんなさいね。。。

長文でマイナーな人物を取り上げることが多いんで、コメントも
しにくいブログですが(土曜日もいろんな人に言われた 笑)
また、きてくださいね。
行事もいろいろ出てるんでまた、ご一緒しましょう!
by enokama | 2009-06-04 22:25 | 歴史連載 | Comments(2)