エノカマの旅の途中

enokama.exblog.jp

旅と歴史と競馬のお話をします

ブログトップ
f0010195_06105800.jpg
御所の東で寺町通丸太町を上がったところの新島旧邸近くに京都市歴史資料館と言う施設があります。
ここはいい展示があるんですが、いつ行っても無料でもあります。
今回は岩倉具視の展示だったのですが、かなり貴重なものが多く展示されておりました。


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-10-22 06:01 | 私の好きな京都 | Comments(0)
例年通りやってます!→こんな感じです。

丹波篠山の黒枝豆、最終10月23日(月曜)送り分(枝豆の作業は22日まで)でラストにします。
今の時期は写真より青々しさは無くなって、黒豆に近づいて行ってますが味はおいしいです(黒みがかった方が味が濃い感じになってます)
できれば20日までにお気軽にご連絡ください!
f0010195_13425271.jpg

[PR]
# by enokama | 2017-10-20 13:42 | 北摂丹波 | Comments(0)
それにしても地上波のコメンテーターやワイドショーの自称文化人っていう人の発言って、知性のかけらも感じられないのはなんでやろうね。報道ステーションの共同通信の記者なんて「解説」とちゃうやん。自分自身が「これはわからない、説明が足らない」って・・・そういうとこを視聴者に解説するのがあんたの仕事だろうが、解説しろよ。まだネット配信の若い女性コメンテータの方が何倍もいいこと言ってるよ。もうほとんど見なくなってるけど地上波はほんまに終わってるな・・・

最近、就職の決まった大学生に話する機会があると、やっぱり数年前とは雲泥の差だと言う。安倍さんや麻生さんのおかげかなと探りながら聞いてみると大概うなずいてくれる。よくシールズの学生とか大学教授とか「国民のことを考えない安倍政権倒せ」って声が多いってマスコミは報道するけど、実情は安倍政権になって改善されたんじゃないの? 就職氷河期にあった人からしたら「なんでやねん」ってレベルじゃないのか。大学側も就職が良い方がいいに決まってるのじゃないのか。新聞は「若者が右傾化」とか言うけれど自分たちの周辺が改善されてるのは事実だから、安倍さんを支持するのは当然の話。
わかっていないのは景気の関係ないリタイアの人たちと庶民の生活がわかってるようで分かっていないマスコミ。あなたたちは恵まれた時代の人たちなんだから、恵まれなかった世代から見たら言ってることが理解できないんだよ。
「将来にツケを回すな。今の生活を我慢して社会保障のために増税もしろ」なぜ現代の俺らが我慢しないとダメなんだ。緊縮して見た目だけ財政をよくしても金は回さないとダメ。「公務員の給与を下げる」とか耳障りはいいけど、それなりの給与でいい人材を集めていい仕事を国民のためにしてもらった方がいいじゃないか。民間の企業の給与を上げさせる意味もあって、それは今の内閣でしてないんだ。給与が上がったら、その分使うでしょう。そしたらいろんなところが潤う。江戸時代の各種改革を見てても、いい判断材料があるでしょう。
国の借金は国民一人当たり・・・ってのを鵜呑みにするのは間違い。国債を買う債権者のもの。日本が国として信用が無くならない限り大丈夫。ただ信用ってのが今の日本の有名企業の不祥事にもあるようにぐらついてるのが不安。新規採用を控えます・・・ってのを何年も続けて、人づくりよりも「コスト」ばかり考えてきた経営者の問題じゃないかな。学校でも習ったぞ「資源のない日本では人を育てて技術で売らないといけない」技術の継承もそうだし、まったくいない世代がどこの企業にもあることだし。関西系の家電メーカーの凋落もそれがあるんじゃないか。
だから教育の各種無償化大いに結構。親の収入の違いで受けられる教育が受けられないって点は問題だし、一番なくさないといけない。これで選挙の「大義」がないのか?
たぶん安倍さんの任期中は消費税上げない気がするんですがね。どこかの内閣のように「増税」の「ぞ」の字もないのにしてしまうより、逆だったらいいじゃないか。


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-10-18 20:06 | 総合 | Comments(0)

連日、雨天続きでなかなか予定もうまくいかないのですが先日日曜日、屋内の展示を見に行こうということで大阪城天守閣に行ってきました。
「大政奉還150年」で各地で幕末維新の展示が行われているのですが「幕末大坂城と徳川将軍」と言う特別展です。
徳川時代の大坂城は鳥羽伏見の戦いのあと原因不明の失火が相次ぎ、多くの建造物が焼けてしまったのですが、慶応二年長州再征の幕府軍滞在時や慶応三年三月と十二月に将軍慶喜が各国公使と会見を行った際等、当時の大坂城の写真やスケッチが多数展示してありました。ブリュネのスケッチがまとまって残っていて、ほんと綺麗に描かれていました。
プチャーチンのロシア艦隊の大阪湾侵入時の資料やサットン・ボードインらのスケッチや写真もあり、大坂城自体の写真も「こんなにあるの」って言うぐらい展示してありました。がっつり二時間ほど見て大満足で、図録も手ごろな価格だったので購入してきました。

雨が止めば散策もしたかったんですが、本降りが止まないので天王寺に移動してハルカス美術館の「北斎展」を見てきました。ネットでチケット購入しても待ち時間1時間半ってことでしたが(3時ごろ)40分ほど待って入場。こちらもゆっくりと進まざるを得ない状況で二時間ほどでしたが、海外のコレクションが集められた展示はすごいの一言です。北斎の活動期は松平定信の時代から文化文政〜水野忠邦〜阿部正弘とむっちゃ長い期間だったのも感嘆します。



今後の予定>>
[PR]
# by enokama | 2017-10-17 21:06 | 歴史全般 | Comments(0)
石薬師通寺町東入ル
f0010195_01144508.jpg
萩を見に木神社に行ってきました。その近くに大久保利通旧邸がある。
この地に邸を構えたのが薩長盟約の成った慶応二年正月ごろで、間口の広い格子造りの民家だった。
当時の面影はないが唯一、茶室が残されている(小松帯刀寓居であった近衛家別邸「御花畑邸」より移されたもの)そうだが公開されたことはない。
岩倉具視や当時は朝敵だった長州から潜入していた品川弥二郎や広沢真臣らとの密議はこの茶室(「有待庵」と呼ばれた)で行われた。
大山巌の回顧では大久保の外出時には常に西郷従道がつき、西郷隆盛が夜に訪れた時は自分はついて離れずに短銃を懐にして警護していた。
要談の席に若輩者は入れず供待部屋で待っていたが、西郷の茶室での密談が長く困ったことがあったと言う。
慶応四年六月に大久保はこの地を引き払ったが、のちに大久保家が買い戻したとの記録も残っている(大正天皇即位の際に「有待庵」と書かれた額が西園寺公望によって書かれている)
大久保、岩倉、品川と言えば「錦の御旗」の作成のエピソードがあり、こちらでも打ち合わされたのかもしれない。
(参考「幕末京都史跡大事典」石田孝喜)


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-09-26 15:18 | 私の好きな京都 | Comments(0)
9月3日に神戸市立博物館で研究者3名と博物館学芸員さんによる「記念シンポジウム」があって再度訪れました。
こういう機会でもないと神戸に行くことって滅多にないんで、もう少し周辺を探りました。

伊藤町は神戸にもゆかりのある初代兵庫県知事・伊藤博文から
f0010195_22292831.jpg

f0010195_22301368.jpg


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-09-17 23:42 | 歴史連載 | Comments(0)
慶応三年から150年と言うことで(個人的には「大政奉還」と言うものが最重要とは思っていないので使いたくない)各所でいろんなイベントが行われていますが、開港150年でもある神戸でも神戸市立博物館を中心に特別展示も行われているようです。
昨年から書いていた原稿でだいぶ調べてたんですが、神戸開港(延期も含めた)に向けた諸外国との幕府の交渉、ある意味この開港を成し遂げたとも言える徳川慶喜の決断と言うものは幕末史における慶応期で主軸の流れと言っても過言ではないと思います。
今年はブラタモリの神戸編も三月にあったし、この神戸市博物館の特別展示も楽しみにしていました。
f0010195_17192231.jpg


居留地>>
[PR]
# by enokama | 2017-09-16 17:38 | 歴史連載 | Comments(0)
諏訪山公園と言うところに来ました。
全然いわれも所縁も場所も行ったことないし、知らなかった場所。
もう少し上がった場所にある有名なビーナスブリッジにはドライブがてら来たことはあるんですがね。
f0010195_23165664.jpg
第二次大戦前に王子動物園に移転する前の動物園があったり、諏訪山温泉と言う温泉街があって料亭もたくさんあったという。

こちらに石碑がある
f0010195_23172319.jpg


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-09-15 13:46 | 歴史連載 | Comments(0)

神戸北野周辺の史跡

今年に入って「開港150年」のイベントもあって、神戸に度々訪れています。
四月に行ったところですが、大阪龍馬会の長谷さんに案内していただいた場所の紹介です(実際はもっと多くの場所に行ってます)

熊内八幡神社
f0010195_17044379.jpg
新神戸駅から東、山手へ歩いた場所で新幹線を跨線橋で超えてしばらくの場所にある。
幕末に中西誉左衛門と言う勤王家がこの地にいて、松林飯山・松本奎堂と言った志士たちの出入りがあった。

中西誉左衛門の娘・為子の歌碑。兵庫県初代知事の伊藤博文も為子に学んだと言う
f0010195_17050123.jpg

奎堂を偲ぶ句碑もある
f0010195_17052046.jpg

海が見える
f0010195_17034402.jpg


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-09-14 22:59 | 歴史連載 | Comments(0)

粟田口の明智光秀首塚

光秀関連ゆかりの地もかなり更新してきたつもりですが、まだ京都市内(粟田口)の首塚は載せておりませんでした。(胴塚→こちら
何度か案内もしたことがあるんだけど、意外に知られてなかったりするものです。。。

三条通りから白川沿いを下ります
f0010195_16085256.jpg


もっと見る>>
[PR]
# by enokama | 2017-09-13 16:16 | 私の好きな京都 | Comments(0)